シグマ SIGMA 30mm F1.4 DC DN レビュー / 明るくボケが凄い!カメラが楽しくなるシンデレラレンズ!

先日ミラーレス一眼『SONY α6600』を購入し、カメラの難しさや楽しさを感じています。

写真の情報を得ようと他の方のレビューやYoutubeなどを見ていると、次は何か違うレンズを試してみたという欲求が出てきました。そこでよく目にしたのが単焦点レンズ

随分昔に一眼レフカメラを所有していた事もありましたが、その時も使っていたのはズームレンズでした。そこで、単焦点レンズを使ってみようと思い、評価の高かった『シグマ SIGMA 30mm F1.4 DC DN』を購入したので、実際に使ってみた様子をレビューします。

シグマ SIGMA 30mm F1.4 DC DNのパッケージ・付属品

シグマ SIGMA 30mm F1.4 DC DN』のパッケージや同梱されている付属品などご紹介していきます。

パッケージ

SIGMAのパッケージって余計な装飾が無くカッコいい。

付属品

中にはレンズと保証書、取り扱い説明書が入っています。

シグマ SIGMA 30mm F1.4 DC DNのスペック

マウントソニーEマウント
最短撮影距離30cm
開放F値1.4
最小絞りF16
フィルター径52mm
重量265g

シグマ SIGMA 30mm F1.4 DC DNのデザイン

ビニールで包まれているレンズを開封。

引き締まった黒色でカッコいい。

『SONY α6600』に取り付けた様子です。大きさ的にも丁度いい感じで本体とのバランスは良好だと思います。

シグマ SIGMA 30mm F1.4 DC DNの重量

レンズの重さはレンズフードなどを付けた状態で、実測312.6g

『SONY α6600』に取り付けた状態で795.6gです。『SONY α6600』を購入時に一緒にキットとして買った高倍率ズームレンズ『SEL18135』を付けた時は843.1gだったので、それよりもちょっと軽いということになります。

シグマ SIGMA 30mm F1.4 DC DNで撮ってみた

SONY α6600 + SIGMA 30mm F1.4 DC DN | F1.4 / 1/1250s / ISO100
SONY α6600 + SIGMA 30mm F1.4 DC DN | F1.4 / 1/1000s / ISO100

家の前に咲いていた花を撮ってみました。F1.4で撮ると背景がメチャクチャボケますね!ボケ感も綺麗で、これはスマホでは撮れない写真だなと感じました。

SONY α6600 + SIGMA 30mm F1.4 DC DN | F1.4 / 1/100s / ISO100
SONY α6600 + SIGMA 30mm F1.4 DC DN | F1.8 / 1/200s / ISO400

子供を撮ってみました。F1.4だとちょっとボケすぎな気がしますね。もう少し色々と撮って勉強していく必要がありそうです。

SONY α6600 + SIGMA 30mm F1.4 DC DN | F4.5 / 1/50s / ISO500
SONY α6600 + SIGMA 30mm F1.4 DC DN | F1.4 / 1/50s / ISO160
SONY α6600 + SIGMA 30mm F1.4 DC DN | F2.8 / 1/50s / ISO1250

シグマ SIGMA 30mm F1.4 DC DNのまとめ

  • シグマ SIGMA 30mm F1.4 DC DNの良い点
  • ・F1.4は明るくてメチャクチャボケる
  • ・比較的コンパクトなので扱いやすく、持ち運びに便利
  • ・スペックの割に価格が安い
  • シグマ SIGMA 30mm F1.4 DC DNのイマイチな点
  • ・レンズ内手ブレ補正は無い
  • ・同じラインの他のレンズ(16mm、56mm)が欲しくなる

まだあまり使い込めていないのですが、明るくてボケ感が凄いです。ズームレンズでは出せないボケ味が得られるので、風景からポートレート撮影まで撮影することの楽しさが味わえるレンズだと思います。

このスペックと画質で実売価格は3万円前半なので、かなりコスパが高く、ネットの評判通りの良い製品だと感じました。

イマイチな点としてはレンズ内手ブレ補正が付いていない所でしょうか。同じような価格帯の単焦点レンズとしては、SONYの『SEL35F18』があります。こちらは価格は若干高いものの、F1.8でレンズ内手ブレ補正も搭載しています。

個人的には『α6600』にはボディ内手ブレ補正が付いているので、レンズ側に手ブレ補正は特に必要性は感じませんが、『α6400』などボディ内手ブレ補正非搭載の機種で使う場合、『SEL35F18』のレンズ内手ブレ補正が欲しくなってくる場面もあるのではないかなと思います。

しかしこのレンズで写真を撮っていると、今度は同じContemporaryラインの『16mm F1.4 DC DN』と『56mm F1.4 DC DN』まで欲しくなってきますね・・・。これが俗に言うレンズ沼というやつなのでしょうか・・・

この記事を書いた人
ぶっち

デジタルガジェットとパソコンとオシャレな家電が大好きなフリーランスWEBクリエイターです。普段は『MONOCHROME DESIGN』という屋号で、WordPressを使ったウェブサイト制作を行っています。

ぶっち

デジタルガジェットとパソコンとオシャレな家電が大好きなフリーランスWEBクリエイターです。

普段は『MONOCHROME DESIGN』という屋号で、WordPressを使ったウェブサイト制作を行っています。

詳しいプロフィールはこちら
お問い合わせはこちら