Magic Keyboard・Magic Trackpad 2 レビュー / 充電式になり、使い勝手が大幅に向上!AppleらしいシンプルなデザインとコンパクトさもGood!

普段iMacで使用しているキーボードとトラックパッドを「Magic Kayborad」「Magic Trackpad2」に買い替えましたので、使い勝手などを実際に使ってレビューしていきます。

普段は27インチiMac(Late 2013)を使って仕事をしています。使っているキーボードとトラックパッドは、iMac購入時に同梱されていた、Apple Wireless Keyboard (2009)とApple Magic Trackpadをずっと使ってきました。

不満を感じる点もありましたが、特に買い換えることも無く今まで使ってきましたが、息子がトラックパッドを壊してしまった(!)ので、強制的に買い換えるハメに。ついでという事で古くなってきたキーボードも合わせて「Magic Kayborad」と「Magic Trackpad2」に買い換えることにしました。

今まで使っていたキーボードとトラックバッド

27インチiMac購入時に同梱されていたものです。
キーボードは「Apple Wireless Keyboard (2009)」
トラックパッドは「Apple Magic Trackpad」
というモデルになります。

どちらとも単3電池2本で動作し、ワイヤレスなので使い勝手は良いのですが電池の持ちがあまり良くなく、頻繁に電池を交換しなければいけない点が結構ストレスに感じていました。

購入した「Magic Kayborad」と「Magic Trackpad2」

AppleStoreで購入し、価格は
「Magic Keyborad」が税別10,800円
「Magic Trackpad2」が税別12,800円
でした。

開封して並べてみた様子です。今までの「Apple Wireless Keyboard (2009)」「Apple Magic Trackpad」と比較して、より白が映えるスッキリとしたデザインになりました。それでは今まで使っていたキーボード・トラックパッドと大きさや使い勝手などを比較していきます。

Apple(アップル)
¥10,334 (2020/09/18 16:25:24時点 Amazon調べ-詳細)
Apple(アップル)
¥13,501 (2020/09/18 16:25:24時点 Amazon調べ-詳細)

「Apple Wireless Keyboard (2009)」と「Magic Kayborad」の比較

キーボードの比較をします。条件が異なる点として、27インチiMacに同梱されていたキーボードは「JIS配列」のものでしたが、今回は「US配列」のモデルを購入しました。そのため「return」キーの大きさが異なる、プリントされている文字が異なる、、などの違いがあります。

パッと見た感じでは「Apple Wireless Keyboard (2009)」ではescキーやF1〜F12までのファンクションキーが、ノートパソコンなどで採用されているようなハーフサイズのものだったのに対し「Magic Keyborad」では他の文字キーと同じサイズになっています。ハーフサイズのファンクションキーは押しにくく使いにくかったので、個人的にこれは嬉しい改良点です。

また、全体的な大きさも更にコンパクトになりました。「Apple Wireless Keyboard (2009)」では電池を入れるスペースがあったためキーボード上部に隙間のような余白がありましたが、「Magic Kayborad」ではその領域が無くなり、より無駄のないデザインになったと言えます。

横から厚さの比較をしてみました。明らかに「Magic Keyboard」の方が薄いのが分かります。電池式から充電式になりその分電池を入れるスペースが省略されて高さも抑えられているようです。

「Magic Trackpad」のキータッチ

キータッチの好みは人それぞれなのであくまで個人的感想になってしまいますが、使ってみた印象としては思ったより打ちやすいと感じましたがキーストローク自体は浅めなので、しっかりとしたタイピングを好む方には合わないかもしれません。

その他感じた事としては、キータイプ音がかなり静かだと思いました。他のキーボードと比較しても音の質が異なり、カタカタ、ターン!してもそれほどうるさくないように感じます。

「Apple Magic Trackpad」と「Magic Trackpad2」の比較

ます見た目が大きく異なります。「Apple Magic Trackpad」はアルミが目立つ質感だったのに対し「Magic Trackpad2」は全面真っ白な板状になっており一切の無駄がないスッキリとしたデザインになりました。大きさも変更され「Apple Magic Trackpad」よりも横長の長方形になっています。

また、「Apple Magic Trackpad」では電池を入れるスペースが上部にあり、その領域はトラックパッドとしては反応しなかったのですが、「Magic Trackpad2」はデッドスペースが無く全面で反応するので、サイズ感以上に大きく使えます。

「Magic Keyboard」と同様電池を入れるスペースが無くなったので、厚さもかなり抑えられスマートな印象を受けます。

「Magic Trackpad2」に搭載された感圧タッチ

「Magic Trackpad2」は、最近のMacBookにも搭載されている「感圧タッチ」を搭載しています。この感圧タッチはApple独自の「Taptic Engine」により、クリックすると擬似的にクリック感を指にフィードバックするものです。
擬似的とは言え、言われなければ分からないほど精度は高く、初めて触った時は感動すら覚えたのを記憶しています。なお、電気的に擬似的なクリック感を作っているので、電源を落とすとクリック感が無くなり「ただの板」になります。

「Magic Trackpad2」を使用している場合トラックパッド設定に「サイレントクリック」「強めのクリックと触覚フィードバック」という項目が表示されます。

こちらの設定は好みが分かれる所ですが、現状では「サイレントクリック」をオフ。「強めのクリックと触覚フィードバック」はオンという設定にしています。

通常ではトラックパッドをクリックするとカチカチとクリック音が鳴りますが、「サイレントクリック」をオンにするとクリック音がほぼ無くなります。静かな空間で使う際には良いのですが、多少クリック感が無くなるので、物足りなさを感じるかもしれません。

「強めのクリックと触覚フィードバック」は、iPhoneに搭載されている「3DTouch」に似た機能です。オンにした上でトラックパッドをグイッと押し込むとSafariなどでWeb閲覧している際に単語の意味を調べたりとショートカットが使えるようになります。アプリによって有効にした時の挙動は異なっており、Apple公式サポートページにて何が出来るか紹介されています。

個人的にはあまりこの「強めのクリックと触覚フィードバック」はあまり上手く活用出来ていないですが、上手く活用できればトラックパッドだけでより多くの動作が行えるようになる機能です。

乾電池駆動から充電式へ

前述の通り、「Magic Kayborad」と「Magic Trackpad2」は電池不要の充電式へと変更されています。充電は付属のLightning – USBケーブルを使って行い、一回の充電で約1か月、あるいはそれ以上駆動します。

元々あまり電池の持ちが良くなく、頻繁に電池交換を迫られていた前モデルからするとかなり改善された点で、ケーブルを繋げたまま充電しながらも使用可能なので、電源周りの不満点が一気に解消されたと言えます。

強いて言うならば端子がLightningではなく「USB Type-C」だったらもっと理想的だったと言えますが、Apple製だから仕方ないのかなと感じます。ここ最近ではAppleもUSB Type-Cを採用するケースも増えてきているため、願わくば次モデルで改善してくれる事を期待したい所です。

「Apple Magic Trackpad」と「Magic Trackpad2」の評価

旧モデルとの比較をしながら、「Apple Magic Trackpad」と「Magic Trackpad2」を見てきました。しばらく使ってみた感想としては率直に「もっと早く買い換えれば良かった」と思っています。

何よりも駆動方式が充電式になった事で、電池交換の煩わしさから開放されたのが一番の利点だと感じています。デザイン的にも更に洗練され、Apple製品らしいシンプルで上質なデバイスとなりました。

唯一気になる点としては価格でしょうか。両方共1万円を超える価格設定となっており、入力デバイスとしては比較的高額な部類に入ります。しかしそれに余りある使い勝手とデザインは全macユーザーにオススメできる一品と言えます。

Apple(アップル)
¥10,334 (2020/09/18 16:25:24時点 Amazon調べ-詳細)
Apple(アップル)
¥13,501 (2020/09/18 16:25:24時点 Amazon調べ-詳細)
この記事を書いた人
ぶっち

デジタルガジェットとパソコンとオシャレな家電が大好きなフリーランスWEBクリエイターです。普段は『MONOCHROME DESIGN』という屋号で、WordPressを使ったウェブサイト制作を行っています。