Anker PowerPort Atom PD 1 レビュー / 次世代素材[窒化ガリウム(GaN)]を採用した超小型USB PD対応充電器

モバイルバッテリーや充電ケーブルなどで高い評価を得ている「Anker」。そのAnkerが発表したのが、次世代の素材と呼ばれる窒化ガリウムを使った超小型のUSB PD対応充電器「Anker PowerPort Atom PD1」です。

この製品が発表されてからずっと発売を心待ちにしていましたが、2月19日についに発売されましたので、すぐにAmazonで注文しました。翌日には手元に届いたので実際に使ってみた印象や様子などをレビューしていきます。

Anker PowerPort Atom PD1とは

USB-Cタイプの電源アダプタです。USB Power Delivery(USB PD)給電規格に対応しており、最大30Wの出力ができます。「Anker PowerPort Atom PD1」の最大の特徴は、充電器の素材として「GaN (窒化ガリウム)」を採用した事にあります。このGaN(窒化ガリウム)は、人工衛星やレーダーなどの産業用機械に採用されてきた素材で、今までの素材よりも電力の損失が少なく、高エネルギー効率、低発熱という特徴があるそうです。

GaNを採用することで、今までの充電器よりもコンパクトに効率よく給電することが出来るようになったのがこの「Anker PowerPort Atom PD1」ということになります。

「Anker PowerPort Atom PD1」が発表されると、各種ネットメディアがこぞって取り上げるなど当初から注目度はかなり高い商品でした。そのためか、発売された当日の夕方には在庫切れになっており、次回入荷は未定となっています。

開封の儀

小型の箱を開けると、本体が入っています。その他の同梱物は、小さいユーザーマニュアルが入っているのみです。Anker製品はパッケージもシンプルで、Apple製品を彷彿とさせますね。本体の方はちゃんとPSEマークも表示されています。

Macbook12インチ純正の電源アダプタとの比較

それでは早速自分が普段持ち歩いているMacbook12インチ純正の電源アダプタと比較してみます。なお、Macbook12インチ純正の電源アダプタも、最大30W出力できるUSB PD対応アダプタとなっています。

スペックの比較

商品名出力サイズ重量価格
Anker PowerPort Atom PD1最大30W約3.7 × 4.0 × 3.5cm約53g¥3,499(税込)
30W USB-C電源アダプタ最大30W約5.6 × 5.5 × 2.7cm約109g¥5,184(税込)

純正電源アダプタとの比較です。スペック上でも小さく、また価格も安いと言うことなしです。

見た目の比較

幅や高さに関しては明らかに「Anker PowerPort Atom PD1」の方が小さいです。ただ純正よりも少し厚みがあるようです。とても小さい「Anker PowerPort Atom PD1」ですが、電源プラグ部分が折りたたむことが出来ず、その分出っ張りがあります。

この出っ張りは残念ですが、折りたたみ機構を採用するとその分サイズが大きくなってしまうのでしょうね。省サイズを優先した結果なので、仕方ないかなと思います。持ち運ぶ際には電源プラグ保護キャップがあると安全だと思います。

電源タップに挿してみる

Macbook純正電源アダプタと「Anker PowerPort Atom PD1」を電源タップに挿してみた所です。こうしてみると純正アダプタの大きさが際立っているように感じます。「Anker PowerPort Atom PD1」でMacbookを充電してみましたが、純正と変わらないスピードで充電が出来ました。また、充電中本体に触れてみても、温かくはなりますが、熱いということはありませんでした。このあたりは流石次世代の素材と言われる「窒化ガリウム」の性能なのでしょうか。

1時間充電してみた結果

実際に手持ちのMacbook12インチを1時間充電してみました。1時間で22%→83%まで充電出来たので、充電性能は十二分と言えるでしょう。

重さを測ってみました

スペック上では倍くらいの差がある重量を実際にスケールで測ってみました。

Anker PowerPort Atom PD1:54.5g 純正アダプタ:108.2g と、やはり実測でも倍くらいの差が出ていることがわかります。たかが50gと思うかもしれませんが、スマホでも50g違ったら随分印象も変わってくるので、この差は大きいと思います。持ち運ぶものは出来るだけ軽いほうが良いので、これは助かります。

実際に持ち運んでみました

持ち運び用として購入したので、実際に外に持ち運んで使ってみました。電源が借りられるカフェにて充電してみた使ってみた所がこんな形です。

iPhoneの充電アダプタより少し大きいかなと思うくらいです。充電していてもそこまで目立ちません。

ちなみに、純正の電源アダプタも持っていったので、こちらも使ってみました。やはり大きいですね。PC充電してますよ!感があり、目立っています。

持ち運びにベストなUSB-C充電アダプタ

Macbookを持ち運んでいる時にいつも感じていたのは、Macbook自体が軽くても、充電アダプタやケーブルなどアクセサリが重く、結局かさばってしまうという事でした。この「Anker PowerPort Atom PD1」は、そんな自分の不満点を解消してくれる素晴らしいアイテムです。

電源プラグが折り畳めないというデメリットはあるものの、それ以外に不満点は無く、持ち運ぶ充電アダプタとしてはベストだと思います。電源アダプタが邪魔だと感じている方に強くオススメします。

この記事を書いた人
ぶっち

デジタルガジェットとパソコンとオシャレな家電が大好きなフリーランスWEBクリエイターです。普段は『MONOCHROME DESIGN』という屋号で、WordPressを使ったウェブサイト制作を行っています。

ぶっち

デジタルガジェットとパソコンとオシャレな家電が大好きなフリーランスWEBクリエイターです。

普段は『MONOCHROME DESIGN』という屋号で、WordPressを使ったウェブサイト制作を行っています。

詳しいプロフィールはこちら
お問い合わせはこちら