Aputure AL-MC レビュー / 最強の小型RGB LEDライト!アプリで色を自由自在に変更可能。マグネットでどこでも設置できるなど多機能

最近カメラで物撮りをする機会も多くなってきて、ちょっと撮影用に照明が欲しいと考えていました。本来であればライトスタンドと大きなLED照明などを用意するべきなのでしょうが、あまり部屋が広くないこともあり、小さめの照明って何か無いのかな?と探していた所『Aputure AL-MC』という小型のLEDライトを見つけました。

こちらの製品はYoutubeでも活躍しているカメラマンが絶賛していたことに加え、他のレビューを見ても評価が高かった事が後押しし、購入しました。

実際に使ってみると、かなり高機能だったので使ってみた様子をレビューします。

Aputure AL-MCのパッケージと付属品

『Aputure AL-MC』のパッケージと付属品を見ていきます。

パッケージ

シンプルでカッコいいパッケージ。どことなくApple製品のようなデザインです。

付属品

  • ・Aputure AL-MC本体
  • ・USB-A to Cケーブル(1m)
  • ・シリコンラバーディフューザー
  • ・キャリングケース
  • ・3Mマジックテープ2枚
  • ・英語マニュアル

以上のものが付属しています。

付属しているUSBケーブルは、1mのUSB-A to Cのケーブルです。ケーブル本体は布巻きケーブルになっているので耐久性が高く、断線の心配は少なそうです。

Aputure AL-MCのスペック

色温度3200K-6500K
調光0-100%ステップレス調光
CRI96+
TLCI97+
距離/明るさ0.3m/1100lux
0.5m/400lux
1m/100lux
バッテリーリチウムポリマーバッテリー(3.7V 2600mAh)
連続使用時間最大輝度/約2時間
最小輝度/約15時間
バッテリー充電時間USB PD/約1.5時間
USB DC(5V/2A)/約2時間

Aputure AL-MC本体のデザイン

それでは『Aputure AL-MC』本体のデザインや機能を見ていきます。

真上から見た様子です。うっすらとLEDが見えます。

側面には、電源ON/OFF切り替えボタンと、ダイヤル、USB-Cの充電ポートがあります。

ダイヤルは回すだけでなく、長押しすると各種メニューを表示など、主にこのダイヤルを使って機能の切り替え・調整を行います。

もう一方の側面には、本体を冷却する為のスリット穴が空いています。

三脚用のネジ穴があります。

本体裏面。左右にある金属部分は磁石になっており、鉄などに本体ごと取り付けられるようになっています。

Aputure AL-MCの大きさと重さ

『Aputure AL-MC』の大きさは、iPhone8と比較しても小さく、カードサイズです。

重量は実測で126.9g。軽いので持ち運びに便利。

Aputure AL-MCを使ってみる

それでは、実際に『Aputure AL-MC』を使ってみます。

届いた当初はバッテリー残量が0だったので、USB-Cポートから充電します。小型LEDライトの中にはマイクロUSBを採用している製品もあるので、USB-Cを採用しているのはポイントが高いです。

「USB PD」にも対応しており、USB PD対応急速充電器を使えば、約1.5時間で満充電になるとの事ですが、最大何ワットまでに対応しているのかはマニュアルなどを見ても表記がないのでよく分かりません。

充電中は本体にあるディスプレイにバッテリー残量などが表示されます。

本体の電源を入れ光らせる

本体側面の電源スイッチをONにすると、LEDが光ります。デフォルトの設定では色温度は5500K、50%の明るさになっています。

50%でもかなり明るいです。

明るさを100%にすると直視できないくらいに明るくなります。

電気を消し、カーテンを閉めて真っ暗にした部屋で『Aputure AL-MC』を使ってみた様子です。色温度は5500K、明るさは100%で照らしています。十分な光量があります。

色温度を3200Kにすると、白熱灯の様な色になります。色温度は3200K-6500Kまで変更できるので、撮影シーンに合わせて調整が可能となっています。

ダイヤルを長押しするとメニュー表示

側面のダイヤルを長押しすると、メニューが表示されます。ダイヤルを長押ししないとメニューが表示されないのは、ユニバーサルデザインの観点から言うと、ちょっと分かりづらい気がします。

しかし、この製品は本体で色々と操作するというよりも、アプリを使ってスマートフォンから操作する事を主として設計されている感じがするので、そう考えれば本体側にボタンが少ないのも納得です。

HSIメニューから好きな色に調整

HSIの中では、HUE(色相)、SAT(彩度)、INT(明度)を選び、好きな色に調整できます。HSIはフォトショップなどグラフィックソフトを触っている人は馴染み深いですが、そうではない場合結構分かりづらいので、後述するアプリを使ったほうが直感的に変更できます。

設置方法は多種多様

『Aputure AL-MC』は多種多様な設置方法に対応しています。

まずは三脚穴が空いているので三脚に取り付けて使う方法です。ミニ三脚との相性が良く、Manfrotto『PIXI EVO』を使ってみましたが、本体が軽いこともあり、持ち運びやすく設置しやすいです。

背面にあるマグネットを使えば、もっと幅広く色んなものに固定できるようになります。写真では無印良品のスチールシェルフに取り付けた様子です。マグネットの磁力はかなり強力でガッチリと固定されるので落ちてしまう心配は少ないと思います。

こういった細い棒状の面に対しても、ちゃんと付きます。自重で落ちることもありません。

反面、磁力がかなり強力なのでカードなど磁気製品を近づけないように注意する必要がありそうです。

付属のシリコンラバーディフューザーを使ってみる

『Aputure AL-MC』は数多くの小さいLEDライトを発光させて照らします。LEDライトの特性として指向性が強く直線的な光なので、無数のLEDで照らされた被写体には多数の影が見えることがあります。これは「多重影」と呼ばれ、不自然に見えてしまいます。

影が直線上に複数伸びています。これを緩和してくれるのが付属のシリコンラバーディフューザーです。

シリコンラバーディフューザーは『Aputure AL-MC』にピッタリ合うようになっており、

液晶部分や

操作ボタンに影響が無いようになっています。

シリコンラバーディフューザーを付けることによって、LEDの光が拡散しより自然な影を作ることが出来ます。

さっきと同じ飛行機をシリコンラバーディフューザーを付けた状態で照らした様子です。「多重影」になっておらず自然な影が生まれています。

専用アプリ「Sidus Link」を使い、Aputure AL-MCを自由自在に操る

『Aputure AL-MC』は、本体のダイヤルを操る事によって色や明るさを変更できますが、ダイヤル操作は正直かなり面倒です。そこで便利なのが専用アプリ『Sidus Link』。こちらはAputure製のライトをスマートフォンやタブレットからコントロールできるアプリで、『Aputure AL-MC』ももちろん対応しています。

以下から『Sidus Link』をダウンロードできます。

注意点としては、メールアドレスでアカウント登録する必要があるという点です。また、日本語化されてはいるものの、全体的にちょっと説明が不十分で、最初のセットアップが分かりづらいのが難点でした。

あまり使い方について解説している記事やブログなども無いため、何となく進めたら使えるようになったという状態です。今後、アカウント登録から実際の使い方までをまとめて記事にしようかなと考えています。

※7/27追記
『Sidus Link』アプリの初期設定と基本的な使い方をまとめた記事を公開しました。

Sidus Linkで色を簡単に変更可能

最初のセットアップは面倒なものの、それさえ済んでしまえば操作は簡単です。

光量や色温度などをアプリのスライダーから簡単に変更できます。

色温度も、スライダーを動かすか、その下にある「3200K」などのボタンをタップすればワンタッチで切り替えられます。

色の変更も簡単に可能。本体だと数字でしか分からなかったHSIも、アプリだと色相環が表示されているので直感的に選ぶことが出来ます。

やはり『Aputure AL-MC』は『Sidus Link』を使ってこそ本領を発揮するので、使いこなすのにアプリは必須と言えます。

Youtuberの背景ぽくする

ガジェット系やPC系のYoutuberがやっているような、バックに色を付ける感じをやってみました。PCの壁紙なんかもそれっぽくしてみました。

自由に色を変更できるので、雰囲気に合わせて調整できます。

これは『Aputure AL-MC』を一つだけ使っていますが、もう1台増やして右側から光を追加しても面白いかもしれません。

専用アプリ『Sidus Link』では、複数台の『Aputure AL-MC』を同時に制御できるので、台数が増えても問題ありません。

『Aputure AL-MC』は、PCデスク横の棚に置いてあります。小型なので色んな場所に設置が可能。

Aputure AL-MCのキャリングケース

『Aputure AL-MC』は小型で軽量なので、持ち運びにも便利です。キャリングケースが付属しているので、この中に入れておけば安全に持ち運ぶことができます。

シリコンラバーディフューザーを付けたままでもそのまま収納可能。

キャリングケース背面にはカラビナが付いているので、バッグなどに引っ掛けて持ち運ぶのに便利です。

Aputure AL-MCのまとめ

  • Aputure AL-MCの良い点
  • ・必要十分な光量があり、写真撮影・ビデオ撮影などどんなシーンでも活躍してくれる
  • ・アプリを使って色調整が可能
  • ・小型、軽量なのでどこでも持ち運べる
  • ・バッテリー内蔵でUSB-Cやワイヤレスで充電可能
  • Aputure AL-MCのイマイチな点
  • ・アプリの登録とセットアップが分かりにくい

『Aputure AL-MC』は、小型ながら十分な光量をもったLEDライトです。アプリを使えばワンタッチで明るさや色温度などを調整できるので、写真撮影からビデオ撮影まで様々なシーンで活躍してくれます。

軽量なので持ち運びやすく、背面には強力なマグネットを備えているので、様々な場所に気軽に設置できるのも魅力。

小型LEDライトの中にはもっと安価なものもありますが、色温度と明るさのみしか変更できないものや、背面にマグネットが無いなど機能が劣るものがほとんど。『Aputure AL-MC』は全てを兼ね揃えた完成度が高いLEDライトになっています。

アプリを使わないと本領が発揮できない点や、アプリが分かりづらいなどの難点はありますが、ちょっとした小型のライトを探している方には非常にオススメのLEDライトです。

この記事を書いた人
ぶっち

デジタルガジェットとパソコンとオシャレな家電が大好きなフリーランスWEBクリエイターです。普段は『MONOCHROME DESIGN』という屋号で、WordPressを使ったウェブサイト制作を行っています。