Fire TV Stick 4K レビュー / 大画面で映画やYoutubeを手軽に再生。声で操作可能なので子供がいる家庭にもおすすめ

近年、映画やドラマ、アニメなどを見放題で視聴できる「動画配信サービス」が人気です。スマホやタブレットなどで簡単に見ることが出来ますが、映画なんかはテレビの大画面で見たい場合もあると思います。

テレビ自体に動画配信サービスが視聴できる機能があれば問題ありませんが、ちょっと古めのテレビではそもそも動画配信サービスに対応していない場合もあります。

そんな時に使えるのが、HDMI端子に差し込んでWi-Fi接続するだけで、大画面で映画やアニメなど様々なコンテンツを楽しむことができる『Fire TV Stick 4K』です。

『Fire TV Stick 4K』は、

  • 高画質・高音質の4K動画に対応
  • TVのHDMI端子に差し込むだけという手軽な設置方法
  • プライムビデオを始め、YoutubeやHulu、NETFLIXなど様々なコンテンツが楽しめる
  • Alexa対応リモコンで声で操作可能

といった特徴があります。実際に購入してみましたので、使い勝手をレビューしていきます。

Fire TV Stick 4Kのパッケージ・付属品

『Fire TV Stick 4K』のパッケージや付属品を見ていきます。

パッケージ

パッケージはAmazonデバイス特有のオレンジが目立ちます
パッケージ裏面には特徴や使い方など
矢印に沿ってテープを剥がし、箱を開いていきます
箱の中には、さらに黒い箱が
黒い箱を開くと、全ての付属品が収められています

パッケージはAmazonデバイスでよくあるオレンジ色。パッケージを開けると黒い紙箱に本体を含め全ての付属品が収められており、全体的に無駄がないコンパクトなパッケージとなっています。

付属品

付属品としては、『Fire TV Stick 4K』本体の他に、

  • Alexa対応リモコン
  • USB電源アダプタ
  • USB-A – MicroUSBケーブル
  • HDMI延長ケーブル
  • 単4電池2本
  • 取扱説明書

以上が付属されていました。すぐに使えるようにちゃんと電池が付いてくるのは嬉しいポイント。その他にもHDMI延長ケーブルなども用意されており、必要なものは全て揃っています。

Fire TV Stick 4K本体

それでは『Fire TV Stick 4K』本体を見ていきます。

本体は長方形のスティック型になっており、無駄な装飾は無くAmazonのロゴマークがあるだけのシンプルなデザインとなっています。

HDMI端子部分。こちらをTVやパソコンのディスプレイなどに直接差し込んで使います。

側面には電源となるMicroUSB端子が備えられています。MicroUSB微妙ですが、AmazonデバイスはFireHDなど最近USB-Cを採用し始めているので、次モデルのFire TV StickではUSB-Cになるかもしれませんね。

裏面には技適マークなど。

Fire TV Stick 4Kの大きさ

『Fire TV Stick 4K』の大きさを、手元のiPhone8と比較してみました。iPhoneよりも短く全体的にかなりコンパクトだという事が分かります。

FIre TV Stick 4Kの重量

重量は実測で「53.4g」。本体が小さいので重量も軽いですね。

Fire TV Stick 4Kの付属品

『Fire TV Stick 4K』で付属されるものを見ていきます。

USB ACアダプター

USB ACアダプターは『Fire HD』などに付属してくるものと同じ物のようです。

付属するUSBケーブルはUSB-A – MicroUSBケーブル。長さは2mほどと十分にありますので、配線には困らなさそう。

HDMI延長ケーブル

HDMI延長ケーブルが付属しています。TVやディスプレイのHDMIポートが微妙な位置にある場合、この延長ケーブルが活躍します。

Alexa対応リモコン

Alexaに対応し、音声操作可能なリモコン。操作するのに最低限困らないボタンしか無いので、コンパクトで操作がしやすいと思います。

実際にうちの3歳の息子も上手に使いこなして動画を見ています。

電池は単4電池2本で動作します。

実際にリビングのテレビにFire TV Stick 4Kを取り付けます

リビングに置いてあるTVに『Fire TV Stick 4K』を取り付けていきます。

リビングに置いてあるテレビ。(すみません、子供たちのおもちゃや、赤ちゃん用のプレイマットが反射しています・・・。)

テレビは昔買ったSONYの40型液晶テレビ(KDL-40EX500)で、テレビ本体で動画配信サービスを見るような機能は付いていません。今まではPS4を使って、AmazonプライムビデオやYoutubeなどを見ていましたが、PS4を別の場所に移すことになり、その代替として『Fire TV Stick 4K』を購入しました。

PS4を外し、Fire TV Stick 4Kを取り付ける

まずはPS4と繋がっているHDMIケーブルを取り外し、空いたHDMI端子に『Fire TV Stick 4K』を取り付けていきます。

『Fire TV Stick 4K』を取り付けた様子。結構後ろに出っ張ります。
テレビやディスプレイの裏側に余裕がない場合、付属するHDMI延長ケーブルを使う必要がありあそうです。

電源ケーブルを指した様子です。差込口が本体横の中央部分という微妙な位置にあるので、こちらも設置場所や設置方向によっては上手く挿せない場合があるかもしれません。

Fire TV Stick 4Kのセットアップ

HDMI端子に差し込み電源ケーブルを繋いだ後は、リモコンでセットアップを進めていきます。リモコンの電源ボタンを押すと『Fire TV Stick 4K』が起動しますので、後は表示されている内容に従えば問題ありません。

最初はリモコンを検出する作業から。画面に従いリモコンを操作します。

リモコンを認識させたら、画面の指示に従って進めていきます。

言語は「日本語を選択」

その後はWi-Fiに接続する必要がありますので、自宅のWi-Fiに繋ぎます。

Wi-Fiに繋がったら、まず本体のアップデートが始まります。

アップデート完了

最初にAmazonアカウントでサインインします。

その後は追加するアプリを選びます。

無事ホーム画面まで来ました。これで後は好きな動画を楽しむだけです。

Fire TV Stick 4Kで出来ること

『Fire TV Stick 4K』で出来ることをまとめます。

動画を見る

『Fire TV Stick 4K』を購入する一番大きい動機がこれだと思いますが、プライムビデオやHulu、NETFLIXなどの各種動画サービスを見ることが出来ます。

主要な動画配信サービスは一通り網羅されていると言って良いでしょう。また個人的には「AbemaTV」があるのが嬉しいです。以前「AbemaTV」をテレビで見れないかと思って方法を探したのですが、PS4ではアプリが無く諦めた経験がありました。

また、子供が居る家庭で嬉しいのは「Youtube Kids」アプリがある点。Youtube Kidsとは、子供の年齢に合わせて見れるコンテンツを制限でき、通常のYoutubeである広告も無いので、安心して子供にYoutubeを見せられるものです。スマホには「Youtube Kids」アプリがありましたが、PS4にはアプリがなかったので、これはかなり助かります。

写真を見る

Amazonプライム会員限定ですが、容量無制限の写真ストレージ「Amazon Photos」のアプリがあります。

「Amazon Photos」は画質や解像度を落とさないオリジナル画像を容量の制限なしにアップロード出来るので、家族写真などをテレビの大画面で、高画質で楽しむことができます。

ゲームを楽しむ

アプリの中には「テトリス」や「麻雀」など簡易的なゲームアプリもあります。ただ、どれも無料で出来る範囲には制限があることに加え、リモコン操作なのであまり操作性も良くありません。

また『Fire TV Stick 4K』は、ゲームが出来るほどの性能は無いので、あくまでもオマケ程度と考えておいたほうが良さそうです。

Fire TV StickとFire TV Stick 4Kの違い

Fire TV Stickには、『Fire TV Stick』と『Fire TV Stick 4K』という似たような製品があります(更に言えばFire TV Cubeという製品もあります)。これらは価格以外にどの点が違うのかちょっと分かりにくいので違いをまとめました。

なお、『Fire TV Stick』は2020年9月30日に新モデルとなる『第3世代 Fire TV Stick』が発売されます。当然スペックなども変更があるので、その辺りの違いも一緒に比較したのが下記の表になります。

Fire TV Stick 4KFire TV Stick
(第3世代)
Fire TV Stick
CPUクアッドコア 1.7GHzクアッドコア 1.7GHzクアッドコア 1.3GHz
メモリ1.5GB DDR4不明1GB
解像度2160p/4K1080p/FullHD1080p/FullHD
HDRHDR、HDR10+、HLG、Dolby VisionHDR、HDR10、HDR10+、HLG未対応
オーディオDolby AtmosDolby AtmosDolby Audio
Bluetooth5.0対応5.0+LE対応4.1対応
Wi-Fi802.11a/b/g/n/ac対応802.11a/b/g/n/ac対応802.11a/b/g/n/ac
ストレージ8GB8GB8GB
リモコンAlexa対応音声認識リモコンAlexa対応音声認識リモコンリモコン
価格6,980円4,980円(9月30日発売)4,980円

以前までの『Fire TV Stick』は、『Fire TV Stick 4K』と比較してCPUのクロック数が低かったり、「Dolby Atmos」に対応していなかったりと見劣りする部分が多かったですが、『第3世代Fire TV Stick』では『Fire TV Stick 4K』とほぼ同等レベルまでスペックがあがりました。

付属していたリモコンも、Alexa対応の音声認識リモコンになり、違いは「4K映像が見られるかどうか」といったくらいにまで差が縮まったと言えます。

4Kテレビやディスプレイを持っている場合は、当然ながら『Fire TV Stick 4K』を選択すると思いますが、現在4Kテレビを持っていない場合、多少悩ましい所です。

本体の価格差は2,000円
今後も4Kテレビやディスプレイを購入するつもりが無ければ『第3世代 Fire TV Stick』で十分だと思われます。

ただ、4Kテレビやディスプレイの価格もかなり下がってきており、今後新しく購入する場合は4Kが選択肢に必ず入ってくると思うので、将来を見据えるなら『Fire TV Stick 4K』が良いかなと思います。

Fire TV Stick 4Kのまとめ

  • Fire TV Stick 4Kの良い点
  • ・Wi-Fi接続ながら映像の乱れや途切れもなくスムーズ
  • ・付属のリモコンでTVの電源オン・オフや音量調節なども出来るので便利
  • ・Youtubeなどを始め、各種動画サービスに対応
  • ・Youtube KidsやAbemaTVなど、PS4には無いアプリがある
  • Fire TV Stick 4Kのイマイチな点
  • ・Alexaを使った音声検索の精度は微妙
  • ・プライム会員じゃないと活用しきれない

PS4からの置き換えなので、性能面ではあまり期待していなかったのですが、意外にも各種動作のレスポンスは良く、ストレスは感じません。また、有線接続ではなくWi-Fi接続なので、映像の途切れなんかも少し心配しましたが、特に途切れや乱れも無く、スムーズに再生出来ています。

付属のAlexa対応リモコンは、シンプルながら操作に必要なボタンは一通りあり、子供でも使いこなせるほどに使い勝手は優れています。

イマイチな点としては、やはりAmazonデバイスなだけあって「プライム会員」じゃないとその良さを活かせないという点。もちろんプライム会員じゃなくても、各種動画サービスの再生機として使ってもよいのですが、プライムビデオやAmazon Photosなどプライム会員前提のサービスが多くあるのも事実です。

しかしながら、安価で手軽に動画配信サービスを見る環境を整えることが出来るので、子供が居る家庭などにオススメです。

この記事を書いた人
プロフィール画像
ぶっち

デジタルガジェットとパソコンとオシャレな家電が大好きなフリーランスWEBクリエイターです。普段は『MONOCHROME DESIGN』という屋号で、WordPressを使ったウェブサイト制作を行っています。