Apple MagSafe充電器 レビュー / iPhone12なら最大15Wの高速ワイヤレス充電が可能。使い勝手や性能を検証

iPhone12シリーズに合わせて発表されたAppleの『MagSafe充電器』を購入しました。

こちらは、

  • 最大15Wの高速ワイヤレス充電が可能
  • 磁力を使ってiPhone本体と固定。ズレが無く安定した充電
  • Qi対応なので、iPhone以外の対応端末でも(一応)充電可能

といった特徴があります。先日購入したiPhone12miniで実際に充電してみた様子などをレビューします。

Apple(アップル)
¥4,950 (2021/03/03 04:13:32時点 Amazon調べ-詳細)

MagSafe充電器とは

Appleが販売している、Qi対応のワイヤレス充電器です。

最大の特徴は、iPhone12シリーズの場合、磁力によって本体とピタッとくっつき、ズレることが無く確実に充電できるという点です。

ワイヤレス充電器はとても便利ですが、位置がズレていると上手く充電できない事があります。そういったワイヤレス充電器のデメリットを磁力の力で解消しているのがこの『MagSafe充電器』です。

Appleは以前MacBookなどのノートPCで「MagSafeコネクタ」という磁力を使った充電方式を採用していましたが、形は違えど同じ「MagSafe」という名で今度はワイヤレス充電に一石を投じてきたという訳ですね。

MagSafe充電器の外観など

それでは『MagSafe充電器』のパッケージや外観などを見ていきます。

パッケージ

Apple MagSafe Chargerパッケージ表面

パッケージはAppleらしいシンプルなデザイン。パッケージサイズもかなり小さいです。

付属品

Apple MagSafe Charger付属品
Apple MagSafe Chargerの付属品

中は『MagSafe充電器』本体と、取扱説明書が収まっているのみです。

本体

パッケージから取り出した『MagSafe充電器』本体を見ていきます。

Apple MagSafe Charger本体

本体はこの様な形。大きめの聴診器みたいな形をしています。ケーブルの長さは1m。ケーブルが長いタイプの製品は無く、これ1種類しか販売されていないので、置き場所は事前に考えておいたほうが良さそうです。

Apple MagSafe Charger充電パッド部分

iPhoneに取り付ける充電パット部分。中央の白い部分はゴムのような柔らかい素材となっており、iPhone本体を傷つけないようになっています。

Apple MagSafe Charger充電パッド表面

充電パット側面から裏側にかけてはアルミのような素材で手触りはサラッとしています。シンプルながら質感が良く、安っぽくありません。

Apple MagSafe Chargerコネクタ部分

気になるのは、充電パッドの根本部分。

非常に細く、耐久性が低そうに見えます。以前までiPhoneに付属していたライトニングケーブルも、ケーブル根本部分の耐久性が低く、被膜が破れたり断線したりとトラブルが多いのが問題でした。この『MagSafe充電器』の根本部分もそれと同様に見えます。

Appleとしては『MagSafe充電器』をどこかに固定して使う想定なのかもしれませんが、決して安くは無い製品なので、耐久性はしっかりとして欲しいというのが正直な所です。

Apple MagSafe ChargerUSBコネクタ

充電コネクタは「USB-C」。『MagSafe充電器』には電源アダプタは付属しないので、別途USB-C端子を搭載したUSB PD対応の充電器を購入する必要があります。

Apple純正の『Apple 20W USB-C電源アダプタ』の使用を推奨しており、この製品であれば問題無く充電可能です。

Apple(アップル)
¥2,200 (2021/03/03 20:01:10時点 Amazon調べ-詳細)

もちろん他社製のUSB-C電源アダプタでも充電は出来ますが、『MagSafe充電器』の特徴である最大15Wの高速充電をするためには、24W(9V/2.56A)以上対応のUSB PD充電器を使う必要があります。

Apple MagSafe Chargerの重量

『MagSafe充電器』の重量は実測で53g。特に持ち運ぶようなものでは無いと思いますが、本体自体はそこそこ軽い。

MagSafe充電器の充電性能

それでは、実際に『MagSafe充電器』を使ってiPhone12 miniを充電してみます。

Apple MagSafe Chargerを使ってみます

僕はApple純正のUSB-C電源アダプタは持っていないので、替わりに『Anker PowerPort Atom PD 1』を使いました。この製品はコンパクトながら最大30Wの出力が可能なUSB-C電源アダプタで、『MagSafe充電器』に使った場合も最大速度で充電可能です。

Apple MagSafe ChargerをiPhone12 miniに付けた様子

iPhone12 miniの背面に付けた様子です。磁力でくっつくだけあって、位置合わせは非常に楽。僕はワイヤレス充電器として、『ベルキン BOOST UP WIRELESS CHARGING PAD 10W』という製品を持っていますが、ベルキンのワイヤレス充電器の場合、位置がちょっとズレていると充電されません。

そのため、充電されている事を毎回確認しなければ行けないのですが、『MagSafe充電器』ならば確認せずとも充電が出来るので使い勝手が良いと思いました。

Apple MagSafe ChargerをiPhone12 miniに付けた様子側面

『MagSafe充電器』を付けた時の様子です。MagSafe充電器は厚みが5mmほど。充電器を付けたままでもiPhoneを使えるので、充電したまま動画やゲームを楽しむことが可能。

ただ前述の通り、充電パッド根元部分が細く耐久性が無さそうなので、充電しながらヘビーに使うと断線の恐れがありそうなので注意が必要。

また、充電中はiPhone本体、MagSafe充電器共に結構熱くなります。
もちろん持てなくなるほど熱くなるわけではありませんが、結構熱を感じるくらいに熱くなるので、ちょっと心配になります。

元々ワイヤレス充電は、本体と充電器にあるコイルに電流を通して発電するという仕組みなので、熱は避けられないのですが、あまりにも熱を持つようだとiPhone本体のバッテリーにも悪影響を及ぼすので、設置場所は日当たりの良い所を避けるなど工夫したほうが良さそうな気がしました。

実際にどのくらい充電できたか

iPhone12 miniで実際に充電してどのくらい充電できたかを確かめてみました。

約1時間の充電で、バッテリー残量が25%→82%まで充電できました。

iPhone 12 miniは『MagSafe充電器』を使っても12Wまでの充電しか出来ないのですが、思ったり充電できているなという印象です。

持っている『ベルキン BOOST UP WIRELESS CHARGING PAD 10W』と比較しても明らかに『MagSafe充電器』の方が充電性能が高いと感じました。

MagSafe充電器はQi対応なので(一応)以前のiPhoneやAndroidでも使える

MagSafe充電器は、ワイヤレス充電の共通企画である「Qi(チー)」対応なので、対応している端末であれば充電自体は可能です。

ただ、iPhone11以前やAndroidの場合、iPhone12シリーズの様に磁力でくっつかない事に加え、最大5Wまでの出力しか出来ないので、使い勝手は良くありません。

そのため、実質MagSafe充電器はiPhone12シリーズ専用と言えます。Androidでもワイヤレス充電をしたい場合、素直に他社のワイヤレス充電器を使った方が良さそうです。

MagSafe充電器のまとめ

Apple MagSafe Charger
  • MagSafe充電器の良い点
  • ・ワイヤレス充電で不便な位置がズレる問題を磁石で解決している
  • ・従来のワイヤレス充電より2倍ほどの15W(iPhone12 miniは12W)での高速充電可能
  • MagSafe充電器のイマイチな点
  • ・Qi対応だが実質、iPhone12シリーズ専用
  • ・iPhone本体、充電器共に充電中は結構熱くなる
  • ・充電パッド根本部分が細く、すぐ断線しそう
  • ・別途USB-C電源アダプタが必要
  • ・本体価格が高い

ここまで実際に『MagSafe充電器』の使い勝手や性能を見てきました。ワイヤレス充電は非常に便利ですが、位置が合わないと上手く充電出来ないという問題を磁石でくっつける事によって解決している非常に優れた製品です。

今までのiPhoneも最大7.5Wのワイヤレス充電には対応していましたが、『MagSafe充電器』を使うことによって2倍の最大15W(iPhone12 miniは12W)までの高速充電を可能にします。iPhone12シリーズを持っている方で、ワイヤレス充電をしたいという方にはうってつけの充電器です。

反面、iPhone12シリーズを持っていない場合は磁石による位置合わせが出来ず、高速充電も出来ないので、積極的に選ぶ理由がありません。

また、本体価格が4,500円ほどするのに加え、別途USB PD対応のUSB-C電源アダプタが必要になるので、ワイヤレス充電器としてはかなり高いと言わざるを得ません。

価格が高い割に充電パッド根本部分が細く耐久性が心配な点もマイナス。個人的には充電パッドとケーブルを一体型にするのではなく、普通にUSB-Cケーブルで繋げればケーブルの長さも自分で変更できるし、万が一ケーブルが断線してもケーブルを交換すれば良いだけなので使い勝手が良いのでは無いかと思います。この部分は今後に期待といった所。

と、このように不満点を並べていますが、iPhone12シリーズのユーザーであれば今までのワイヤレス充電器と比較して性能も使い勝手も良いので、導入するメリットも大きいと思います。

Apple(アップル)
¥4,950 (2021/03/03 04:13:32時点 Amazon調べ-詳細)
この記事を書いた人
プロフィール画像
ぶっち

デジタルガジェットとパソコンとオシャレな家電が大好きなフリーランスWEBクリエイターです。普段は『MONOCHROME DESIGN』という屋号で、WordPressを使ったウェブサイト制作を行っています。

コメント