【3COINS】スリコ(スリーコインズ)のL字型ライトニングケーブルを購入したので使い勝手や供給電力を詳細レビュー

以前3COINS(スリーコインズ)のライトニングケーブルを購入し使ってみた所、思いの外良かったのを記憶しています。久しぶりに3COINS店頭に行ってみると、ストレート型ライトニングケーブルの他に「L字型のライトニングケーブル」が販売されていました。こちらも実際に購入してみましたので使ってみた感想やケーブルとしての能力などを見ていきます。

こんにちは。ぶっち(@____BUTCH)です。
300円で素敵な雑貨を取り扱う3COINS(スリーコインズ)。一見女子向けのアイテムばかりな印象がありますが、意外にもスマートフォンのアクセサリが充実しています。そんな中で見つけたのがiPhone用のL字型ライトニングケーブル。以前もストレート型を購入した事がありますが、L字型ということでつい購入してしまいました。実際に使ってみた様子などをレビューします。

L字型のライトニングケーブルの利点

L字型

iPhoneに指すライトニング端子部分が写真の通り「L字」になっています。L字型になっている利点は「充電をしながらiPhoneを操作しやすい」という点が優れています。

最近は、Youtubeなどの動画やゲームなど、iPhoneを横向きにして使う場面が多くあります。自宅の場合充電しながら使うことも多く、そういったケースの場合はこのL字型だとケーブルが邪魔にならず、iPhoneの操作がしやすいという点が利点と言えます。

L字型だと折れ曲がりにくく、断線し辛い

パッケージの表記にもあるように、L字型だと折れ曲がらず断線に強いのも特徴です。通常のストレート型ケーブルは、ケーブル根本に折れや曲げの負荷がかかり、それを何回も繰り返すことによって断線することが殆どです。その点L字型ケーブルは根元部分に負荷がかかりにくい構造となっているので、折れや曲げによる断線には強いのが特徴となっています。

購入したL字型ライトニングケーブルのパッケージ

3COINSL字型ライトニングケーブルのパッケージ

購入した「L字型ライトニングケーブル」を見ていきます。購入価格は300円(税込み324円)です。色は黒やゴールド、ブルーや赤など複数色展開されていますが、僕は白を選びました。

対応機種

対応機種

対応機種は、iPhoneを始め、iPadシリーズにも対応しています。iPhoneXSやiPhonXS MAX(iPhoneXS MAXの誤植!?)、iPhoneXRなど新しい機種も表記されています。

激安ライトニングケーブルの中には充電のみで同期には対応していない製品もありますが、この製品にはちゃんと「充電・同期可能ケーブル」という表記が記載されています。実際に自分でもiPhoneとiMacを使って充電・同期を行ってみましたが、特に問題なく使えることを確認しています。

最大電流は約2.1Aに対応

L字型ライトニングケーブルの特徴

最大電流は約2.1A対応している事が表記されています。iPhoneに同梱されている純正充電アダプタは最大1Aまでしか出力できませんが、サードパーティ製のモバイルバッテリーや充電アダプタの場合、1A以上の電流を流し純正充電アダプタよりも速く充電してくれる製品があります。そのような急速充電にも対応したケーブルなので、性能的には申し分無さそうです。

製造元と材質

製造元と材質

材質はアルミニウムと綿。製造元は3COINSのモバイルガジェットでお馴染みとなっているコーリュウ株式会社。製造はmade in chinaとなっています。

開封と中身

それでは、パッケージを開封してケーブル本体を見ていきます。

L字型ライトニングケーブル本体

パッケージを開けるとケーブル本体が収納されています。なお、この製品の長さは1mのみの展開となっています。

ケーブル本体は布巻きケーブルとなっており、折れ曲がりに強く断線しにくいのが特徴です。ケーブル自体は柔らかく曲げやすいと思います。変な癖もつかないので扱いやすい印象です。

USB端子部分

USB端子部分

USB端子の部分です。アルミニウムが使われています。以前ストレート型の3COINSライトニングケーブルを買った時は、この端子部分のアルミがテカテカして安っぽい質感だった記憶があるのですが、材質が変わったのか、加工が変わったのか分かりませんが、以前よりもテカテカ感が抑えられて質感がアップしているように感じます。高級感があるわけではありませんが、300円という値段を考えるとなかなかのクオリティではないかと感じます。

ライトニング端子部分

ライトニング端子部分

続いてライトニング端子部分です。こちらは裏表両面にちゃんと端子が付いていますので、どちら向きにケーブルを挿しても問題ありません。特に仕上がりが雑な印象もありません。

USBチェッカーを使って電力を計測

パッケージやデザイン部分などを見てきましたが、充電ケーブルとしての性能はどうなのかをUSBチェッカーを使って計測してみます。今回使用する充電アダプタはiPhoneに同梱されてる純正の電源アダプタ「Apple 5W USB電源アダプタ」です。5V/1A対応の最大5Wでの充電に対応しています。

USBチェッカーの結果

数値は4.781Wとなっています。以前3COINSのストレート型ライトニングケーブルの宮殿能力を計測しましたが、その時の値と同じ結果を示しています。この事から3COINSL字型ライトニングケーブルも、Apple純正ライトニングケーブルと変わらない性能があると言えそうです。

コスパに優れた3COINSライトニングケーブル。使い勝手もよし

3COINSのL字型ライトニングケーブルもストレート型同様、Apple純正ライトニングケーブルと比較しても同等以上の性能を持ったケーブルと言えそうです。またL字型ならではの耐久性や充電しながらでも使える使い勝手などを考えると、コスパに優れたかなりオススメできるライトニングケーブルと言えます。

ただ、以前3COINSのストレート型ライトニングケーブルでも不安点としてあげましたが、やはりこちらのケーブルもAppleが認定している「MFi認証」を取得しているケーブルではありません。そのため、iOSのアップデートにより突然ケーブルが使えなくなるというリスクもあります。

しかし、何と言っても販売価格が300円なので、使えなくなったら買い替えてしまえば良いという言い方も出来ます。リスクを考慮した上で使う分にはとても良い製品ではないでしょうか。

MFi認証を取得したL字型ライトニングケーブルが欲しい場合

価格が多少高くてもMFi認証を取得したL字型のライトニングケーブルが欲しい場合は、サンワサプライなどがMFi認証対応のケーブルを販売しています。このケーブルならばiOSのアップデートにより突然使えなくなるという事もないので、気になる方はこちらの製品がオススメです。