無印良品では、モバイル関連製品のOEM元がANKERになった事により、新商品が続々と出てきています。2021年2月に新しくUSB-Cに対応した電源アダプタ『無印良品 USB用急速充電器(USB-C対応) MJ-KC1』が販売されました。

この製品は、

  • USB-C、USB-Aがそれぞれ1ポートあり、2ポート同時に充電可能
  • USB-CポートはUSB PD対応で最大20Wの出力が可能
  • 無印良品らしいロゴなどの装飾が全く無いデザイン

などの特徴があります。実際に購入しましたので、デザインなどを詳細にレビューします。

無印良品 USB-C急速充電器 MJ-KC1とは

無印良品から販売されているUSB電源アダプタです。

無印良品からは、同じくUSB電源アダプタとして『MU-PA1』というUSBが2ポートある製品が販売されていますが、こちらの『MJ-KC1』は、ポート数は2ポートと同じものの、そのうち1ポートがUSBPD対応のUSB-Cになっており、最大20Wの高出力が可能なのが最大の特徴です。

『MU-PA1』のレビューもしていますので、よろしければご覧ください。

無印良品 USB-C急速充電器 MJ-KC1のスペックや外観など

無印良品 USB-C急速充電器 MJ-KC1
AC入力 AC 100-240V 1.5A 50-60Hz
最大出力 USB-C:5V=3A/9V=2.22A(最大20W出力)
USB-A:5V=2.4A(最大12W出力)
USBポート USB-C:1ポート(USB PD対応)
USB-A:1ポート
本体サイズ 幅6.3×高さ6.2×奥行2.9cm
重量 約100g
価格 2,290円(税込)

スペックは上記の通り。USB-CポートはUSB PDに対応しており、最大20Wまでの出力が可能。更にUSB-Aポートの方も最大12Wまでの出力に対応しているため、対応している機種を持っている場合は高速充電が可能。

複数USBポートがある電源アダプタの場合、同時充電すると出力が落ちるケースもありますが、この『無印良品 USB-C急速充電器』では、USB-C、USB-A同時に充電しても出力が落ちることは無く、アダプタ全体で32Wまでの出力が可能です。

パッケージ

パッケージは無印良品でお馴染みのダンボールパッケージ。全面は商品名と品番、背面はイラストが書いてあるだけのシンプルなもの。これを見ただけではOEM元がどこか分かりません。

付属品

付属品は、充電器本体以外には説明書兼保証書が入っているのみでした。

本体

それでは本体を見ていきます。

本体側面は非常にシンプルで、ロゴや文字などが一切ありません。この辺りは流石無印良品といった所。他のメーカーではここまでのシンプルさはまず見かけることはありません。

本体の質感はマットな感じで光沢はありません。触ると少しザラッとした感触があり、無印良品の家電製品で使われているものと同じ素材が使われているようです。

コンセントプラグ部分は、折りたたんで本体に収納出来るようになっています。

プラグが折り畳めると、持ち運ぶ時非常に便利になります。

USB端子部分。上のポートがUSB PDに対応したUSB-Cポート。下のポートがUSB-Aポートの2ポートになっています。

USB-Cポートの最大出力は20W。USB-Aポートの最大出力は12Wとなっており、このUSB電源アダプタ全体で32Wの出力が可能となっています。

USB-Cポートは20Wの出力があるので、iPadなどのタブレット端末を充電する時にもフルスピード充電する事が可能な上、iPhone8以降のスマートフォン端末でも高速充電することが出来ます。

本体底面には、各種仕様が記載されています。ここでようやくOEM元メーカーの記載があります。OEM元はスマートフォン関連の機器を多数販売しているANKERです。

当然PSEマークも取得しており、日本国内で安全に使用することが出来ます。

サイズ・重量

本体サイズは、

  • 幅:約6cm
  • 高さ:約6cm
  • 奥行:約2.8cm

でした。ちょっと測り方が悪かったのか、実測はスペックよりも多少小さいサイズでした。

重量は実測で101g。ほぼスペックと同じ重量でした。

手にとった感じだと、重くは無いのですが決して軽いとも言えず、持ち運び用としてはもう少し軽いといいのになと思いました。

無印良品 USB-C急速充電器 MJ-KC1のOEM元製品

『無印良品 USB-C急速充電器 MJ-KC1』のOEM元メーカーはANKERですが、これの元になった製品は何か調べてみました。

恐らく『Anker PowerPort PD 2』だと思われます。

ただ、『Anker PowerPort PD 2』の場合、USB-Cポートの最大出力が18Wとなっているので、おかしいなと思い調べてみた所、どうやらこれはアップデートモデルとなる『Anker PowerPort PD 2 (A2625)』が元になっている様です。

OEMとなると古い製品が元になる事も多いのですが、ちゃんとアップデートされたモデルが採用されているのは嬉しいポイントですね。

無印良品 USB-C急速充電器 MJ-KC1のまとめ

  • 無印良品 USB-C急速充電器の良い点
  • ・無印らしい究極にシンプルなデザイン
  • ・USB PD対応のUSB-Cポートを搭載し、最大20Wまでの出力が可能
  • 無印良品 USB-C急速充電器のイマイチな点
  • ・USB-Cポートの出力が最大20Wとノートパソコンを充電するには不足
  • ・保証期間はOEM元のANKERが2年間に対し、無印良品は1年間

『無印良品 USB-C急速充電器 MJ-KC1』は、USB PDに対応したUSB-Cポートを搭載し、最大20Wまでの出力が可能です。これによりタブレットやスマートフォンをフルスピードで充電することが出来るので、端末を持っている方は十分に恩恵を受けることが出来ます。

USB-Aポートの方も最大12Wまでの出力が可能となっており、現在のモバイル事情に合わせた定番と言えるスペックを有しています。

また、デザイン面でも優秀で無印良品らしく目に見える部分にロゴや文字がほとんどありません。こういった製品はロゴが目立っているものも多く、コンセント周りがゴチャゴチャとなってしまう事が多いのですが、『無印良品 USB-C急速充電器 MJ-KC1』であれば、どんなインテリアでも調和してくれそうです。

デメリットとしては、USB-Cポートの出力が20Wとノートパソコンの充電には力不足という点があげられます。

例として、M1チップ搭載のMacBookAirの場合、電源アダプタは30Wのものが付属してきます。そのため、この『無印良品 USB-C急速充電器 MJ-KC1』では出力が足りず、この電源に繋いでいても電池が減っていくという事になります。

多少価格は高くなりますが、似たようなUSBポート数だと、『AUKEY 60W USB充電器 PA-D3』あたりであれば、USB-Cポートから最大45Wの出力が出来るので、ノートパソコンにも十分使えます。

AUKEY USB-C急速充電器 60W(ブラック) PA-D3-BK
AUKEY

また、無印良品のモバイル製品全般に言える事ですが、OEM元であるANKERの場合、会員登録をすることによって保証期間を最大2年間まで伸ばすことが出来るのに対し、無印良品の場合は他の家電製品と同じく最大1年間までの保証期間となっています。

安心という観点から考えると、保証期間の短さはデメリットかなと感じます。

まとめると、この製品にオススメの人は、

  • 無印良品が好き
  • ロゴなどが無いシンプルなデザインが好き
  • iPadやスマートフォンを高速充電したい

と言った方には、非常にオススメできるUSB電源アダプタと言えそうです。

公開日:
更新日: