2021年5月26日に、Amazonのタブレット端末である「Fire HD 10 シリーズ」の最新モデル第11世代『Fire HD 10』『Fire HD 10 Plus』が発売となりました。

こちらは前世代機と比較して、メモリ量が増えている他、ディスプレイの明るさが10%アップ、本体の薄さが7%薄く、重量が8%軽くなるなど、全体的に改良が加えられ、完成度の高いタブレット端末となっています。

先日行われたAmazonの一大セールである「プライムデー」で、早くも「Fire HD 10 (第11世代)」が安くなっていたので、メモリを4GB搭載した上位機種である『Fire HD 10 Plus』を購入しました。セットアップの様子やベンチマーク結果などを交えてレビューしています。

Fire HD 10 Plusとは

Amazonが販売しているタブレットです。Fireタブレットは、「Fire 7」「Fire HD 8」「Fire HD 10」と、ディスプレイサイズによって種類が分かれており、その中でも「Fire HD 10 シリーズ」は、Fire HDシリーズ最大の10.1インチのディスプレイを搭載しています

前世代までの「Fire HD 10 シリーズ」は、1万円台から購入できるなど、その価格の安さが魅力的でしたが、2GBというメモリ容量の少なさによる、処理スピードの遅さなど、性能的にはイマイチといった印象でした。

新しくなった「Fire HD 10 シリーズ (第11世代)」は、前モデルのメモリの少なさという弱点を解消し、『Fire HD 10』ならメモリ容量が3GB、最上位機種である『Fire HD 10 Plus』であれば、メモリ容量が4GBへとアップしています。

Fire HD 10 Plusのスペック

「Fire HD 10 (第11世代)」のスペックを、前モデルである「Fire HD 10 (第9世代)」と比較してみます。

Fire HD 10 Plus(第11世代) Fire HD 10(第11世代) Fire HD 10(第9世代)
画面サイズ 10.1インチ
画面解像度 IPS方式 1920×1200px
SoC MediaTek MT8183
CPU ARM Cortex-A73 (2.0 GHz)x4
ARM Cortex-A53 (2.0 GHz)x4
GPU ARM Mali-G72 MP3 GPU
メモリ 4GB 3GB 2GB
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac (デュアルバンド)
Bluetooth 5.0 LE 4.2 LE
前面カメラ 200万画素
背面カメラ 500万画素 200万画素
ストレージ容量 32/64GB
MicroSD サポート容量 1TB 512GB
USB端子 USB-C (USB2.0)
バッテリー 最大12時間
ワイヤレス充電
本体サイズ 247×166×9.2mm 262×159×9.8mm
重量 468g 465g 504g
本体カラー スレート ブラック、デニム、オリーブ ブラック、ブルー、ホワイト
発売日 2021年5月26日 2021年5月26日 2019年10月30日
価格 32GB:18,980円
64GB:22,980円
32GB:15,980円
64GB:19,980円
32GB:15,980円
64GB:19,980円

スペックを比較していくと、CPUやGPU、ディスプレイの解像度などは第9世代から変更がありません。

ただ、大きな違いとしては、前述のとおりメモリ量。前モデルと比較して『Fire HD 10』では1.5倍、『Fire HD 10 Plus』では2倍のメモリ量を搭載しています。

また、「Fire HD 10 (第11世代)」は、カメラ位置の変更など、本体のデザインが刷新された事により、ディスプレイの大きさは変わらずに、本体サイズが小さくなり、本体重量が40gほど軽量化されている点も見逃せないポイント

更に、最上位機種である『Fire HD 10 Plus』では、ワイヤレス充電に対応するなど、使い勝手の面でもアドバンテージがあります。

Fire HD 10 Plusのパッケージや付属品

それでは僕が購入した『Fire HD 10 Plus』のパッケージや付属品を見ていきます。

パッケージ

パッケージはAmazonデバイスお馴染みのオレンジカラー。

今回購入したのはメモリを4GB搭載する『Fire HD 10 Plus』。「ワイヤレス充電」や「4GB RAM」という記載があります。

パッケージ背面には、製品の特徴が羅列されています。

パッケージを開封。

Fire HD 10 Plus』本体と、付属品類が収められています。Amazonデバイス全般に言えることですが、パッケージ自体に豪華さとかはあまりなく、最低限の簡素なパッケージなのが特徴です。こういった部分でコストを削減することによって、安い価格を実現しているようです。

付属品類はこの中に全て収められています。Amazonロゴの切り抜きがアクセントになってますね。

付属品

同梱物としては、

  • Fire HD 10 Plus本体 1台
  • 充電アダプタ 1台
  • 充電用USB-C(USB2.0)ケーブル 1本
  • 取扱説明書
  • 重要な情報

が、付属されていました。

取扱説明書は、色んな言語での記載がありますが、しっかりと日本語の記載もあります。

コンセント付きの電源アダプタ。

電源アダプタの端子はUSB-A端子となっています。

出力は9Wとなっています。出力のワット数に対してちょっと電源アダプタのサイズは大きめの様に思います。

付属してくるUSB-A to USB-Cケーブル。USBの形状はType-Cですが、USBの規格としては2.0止まりです。

Fire HD 10 Plus本体

それでは『Fire HD 10 Plus』本体を見ていきます。

「Fire HD 10 (第11世代)」は、内蔵カメラの位置が変更され、端末中央になりました。これにより上下左右のベゼル幅が均等になり、ディスプレイサイズは10.1インチのまま、縦幅が小さくなりました。また、端末の重量も約40gほど軽量化されており、タブレット端末としての完成度が上がったなという印象です。

Fire HD 10 Plus』の本体カラーは「スレート」の1色のみの展開。色味としては落ち着いたグレーという印象。

本体はマットなラバー素材を採用。前モデルはいかにもプラスチックな素材だったので、それほど質感が良くありませんでしたが、比較すると格段に質感が良くなったように思います。

端末右側には、インターフェイス類やボタンなどがまとめられています。

写真左から、

  • 3.5mmジャック
  • 充電用USB-C端子
  • マイク穴
  • 電源ボタン
  • 音量調整ボタン

と並んでいます。

背面カメラは前モデルまでが200万画素だったのに対し、500万画素へとパワーアップしています。

本体の重量は、実測で468.6g。前モデルが500gを超えていたのに対し、40gも軽くなっています。

Fire HD 10 Plusをセットアップ

Fire HD 10 Plus』のセットアップを初めます。

Fire HD 10 Plus』を購入する際に「簡単セットアップ」を有効にしていると、購入時のAmazonアカウントが設定された状態で届きます。

Wi-FiのパスワードをAmazonで保存してある場合、パスワードの入力をすることなく、いつも使っているWi-Fiに繋いでくれるので、あっという間にセットアップが完了します。

一通りセットアップが完了すると、システムアップデートがある場合、アップデートします。

システムアップデート後は、すぐに使えるようになりました。

Fireタブレットは、Amazon純正のタブレットなだけあって、Amazonのサービスが使いやすいようになっています。初期段階から「プライム・ビデオ」や「Kindle」「Amazon Music」などのアプリが入っており、Amazonのサービスを使っている方なら簡単に各サービスにアクセスできるので使い勝手が良いです。

ただ、このFireタブレットに搭載されているOSは、AndroidをベースとしたAmazon独自の「FireOS」となっており、GooglePlayを使うことが出来ません。そのため、他のアプリはAmazonのアプリストアからダウンロードすることになります。

色々とやればGooglePlayを使うようにすることも出来るのですが、公式ツールでは無いので、自己責任で行う必要があります。(やり方はググってみてください)

Fire HD 10 PlusをFire HD 10(第7世代)と比較

今回購入した『Fire HD 10 Plus』を前モデルと比較してみます。

本当言えば、『Fire HD 10(第9世代)』と比較するべきなのですが、僕が持っているのが2世代前の『Fire HD 10(第7世代)』なので、そちらと比較することをご了承ください。

ただ、『Fire HD 10(第9世代)』と『Fire HD 10(第7世代)』は、スペックは異なるものの外観は一緒なはずなので、本体の見た目やサイズ感などは参考になるかなと思います。

左:Fire HD 10(第7世代)、右:Fire HD 10 Plus(第11世代)

Fire HD 10 Plus』と『Fire HD 10(第7世代)』を並べて分かるのが本体の大きさの違い。どちらもディスプレイサイズは10.1インチですが、カメラの位置が変更されたことによって、縦幅が短くなり、コンパクトになっています。

下:Fire HD 10(第7世代)、上:Fire HD 10 Plus(第11世代)

重ねてみた様子。縦幅は短くなりましたが、その分若干横幅が長くなっているのが分かります。

個人的には、前モデルの『Fire HD 10(第7世代)』は縦長過ぎて、ちょっと持ちにくいなと感じていたので、今回の『Fire HD 10 Plus』の方が縦横のバランスが良く、持ちやすい印象を受けました。

左:Fire HD 10(第7世代)、右:Fire HD 10 Plus(第11世代)

Fire HD 10 Plus』は、ディスプレイの明るさも前モデルと比較して10%ほど明るくなっています。

実際に『Fire HD 10(第7世代)』と『Fire HD 10 Plus』で、ディスプレイの明るさを共に最大にして、同じ画像を表示して比較してみましたが、明らかに『Fire HD 10 Plus』の方が明るいのが分かります。

また、前モデルである『Fire HD 10(第7世代)』は、どうもディスプレイが黄みがかっているように見えるのに対し、『Fire HD 10 Plus』は白が鮮やかでハッキリとした画になっています。

ディスプレイサイズや解像度は一緒ですが、ディスプレイの表示品質はかなり向上していると言えそうです。

左:Fire HD 10(第7世代)、右:Fire HD 10 Plus(第11世代)

背面はこのような感じ。「Fire HD 10(第7世代)」はプラスチック素材なので、あまり質感は良くなく、手の脂なんかが目立ちます。『Fire HD 10 Plus』は、マットなラバー素材になっているので、滑りにくく質感も上々。

奥:Fire HD 10(第7世代)、手前:Fire HD 10 Plus(第11世代)

ボタン類は結構配置が変わっています。個人的には電源ボタンは旧モデルの様に音量調整ボタンと離れた位置のほうが良いような気もしていますが、慣れの問題かもしれません。

奥:Fire HD 10(第7世代)、手前:Fire HD 10 Plus(第11世代)

「Fire HD 10 シリーズ」はステレオスピーカーを搭載していますが、『Fire HD 10 Plus』はスピーカー穴の数が多くなっています。実際に音を比較してみると、『Fire HD 10 Plus』の方がよりクリアで音質が良くなっている気がします。

もちろんタブレット付属のスピーカーなので絶対的な音質としては良くないもの、ちょっとした映画やYoutube程度であればそこまで不満は感じないと思います。

Fire HD 10 Plusの性能

『Fire HD 10(第7世代)』と『Fire HD 10 Plus』の性能差を、ベンチマークソフト「Geekbench3」を使って比較してみます。

『Fire HD 10(第7世代)』と比較すると、シングルコアのスコアは1.1倍ほど、マルチコアのスコアは2.2倍ほどとなっています。

ただ、これはあくまでCPU性能の低い『Fire HD 10(第7世代)』と比較してという結果になります。CPUは『Fire HD 10(第9世代)』で刷新されているので、『Fire HD 10(第9世代)』と『Fire HD 10 Plus』だと、そこまでベンチマークの差は無いように思われます。

Fire HD 10 Plusを実際に使ってみて

僕が持っていたのが『Fire HD 10(第7世代)』だった事もあり、全体的な速度がかなり向上しているのがハッキリと分かります。ブラウザで何か検索する際も、Youtubeで動画を見る際も、明らかに反応速度が早く、サクサクと動くようになっています。

流石に「ゲームプレイ」や「動画編集」など高い処理性能が必要な作業は難しいですが、「本を読む」「動画を見る」「何かを調べる」などの基本的な作業であればストレス無く使いこなせると思います。 

僕はキーボードは使わない予定です

「Fire HD 10 (第11世代)」では、キーボード付きカバーを使うことで、ノートパソコンの様な使い勝手が出来るのも一つの特徴です。

ただ、個人的にはあまりタブレットでビジネス的な作業をしたいと思う瞬間が無く、それならば持っているノートパソコンを使ったほうが速いと思うので、今回キーボードの購入は見送りました。

ワイヤレス充電はどうか?

Fire HD 10 Plus』は、ワイヤレス充電に対応しています。

ワイヤレス充電スタンドはAnkerから販売されており、『Fire HD 10 Plus』を立て掛けるだけで充電が出来るというスグレモノなので、一緒に購入するつもりだったのですが、購入時点で在庫切れになっていた為、購入することが出来ませんでした。

ただ、どうやらAmazonでのレビューを見ると「接触が悪くて充電出来ない」「充電しては切れ、また充電を始めては切れるを繰り返す」など、かなり悪い意見が沢山見受けられます。

現在再販されていないという事は、不具合を修正中なのかもしれませんね。

Fire HD 10 Plusのまとめ

  • Fire HD 10 Plus の良い点
  • ・カメラの位置が変更された事により、全体的にコンパクトになった
  • ・重量が40gほど軽量化され、持ちやすくなった
  • ・「Fire HD 10」であれば3GB、「Fire HD 10 Plus」であれば4GBのメモリを搭載している
  • ・価格が19,980円(32GB)と安く、セールによって更に割り引かれる
  • ・OSがAmazon独自のFireOSなので、GooglePlayが(基本的には)入れられない
  • Fire HD 10 Plus のイマイチな点
  • ・第9世代の「Fire HD 10」と比較するとCPUは変わっていない

「Fire HD 10 (第11世代)」は、前世代機の大きな欠点であったメモリ量不足という問題を解消し、『Fire HD 10』なら3GB、『Fire HD 10 Plus』なら4GBのメモリを積むようになりました。これにより、全体的な動作がよりキビキビとし、前モデルまでにあったもっさり感が解消され、よりストレス無く使えるようになりました。

『Fire HD 10 (第9世代)』と比較し、CPU自体は変わっていないため、劇的に性能が向上した訳ではありませんが、「読書する」「映画や動画を見る」「写真を見る」といったプライベートを楽しむ事から、「エクセルで表を確認」などビジネスシーンまで幅広く活用できるようになりました。

また、本体形状の変更による、薄型化・軽量化を実現すると共に、ディスプレイの性能が向上し、より鮮やかな表示になるなどタブレットとしての基本性能を大きく向上させています。

Amazon独自の「FireOS」を搭載しており、GooglePlayが(基本的には)使えないという欠点はあるものの、2万円以下で購入できるという価格設定の上、セール時にはそこから更に値引きされるなど、コスパという観点から考えると、これを越えるタブレットは他には無いと思います。

公開日:
更新日:
この記事を書いた人
プロフィール画像

デジタルガジェットとパソコンとオシャレな家電が大好きなフリーランスWEBクリエイターです。普段は『MONOCHROME DESIGN』という屋号で、WordPressを使ったウェブサイト制作を行っています。

COMMENT
コメント