無駄なものが無いデザインで見やすい!温湿度計ならIKEAの「SLÅTTIS スロッティス」がオススメ

普段部屋の温度や湿度は気にしていますでしょうか?
僕は普段そこまで気にしていませんでしたが、湿度や温度が作業効率に大きく影響するという事を知って、普段仕事をしている部屋を快適な環境に保ちたいと思いました。

そこで、部屋の温度・湿度を計測できる「温湿度計」が欲しいと思い様々なメーカーのものを検討しましたが、デザイン的にも価格的に優れていたのがIKEAでした。そこで、実際にIKEAの温湿度計「SLÅTTIS スロッティス」を購入しましたので、使い勝手などをレビューしていきます。

こんにちは。ぶっち(@____BUTCH)です。
普段自宅で作業をしていますが、もっと作業部屋を快適な空間にしたいなと考えていました。
ふと温度と湿度ってどのくらいが一番良いのかなと調べてみた所、温度は25度、湿度は45%〜60%が一番作業効率が良くなるとの事。

実際に自分の部屋が何度なのかは「温湿度計」が無いと出来ないので、購入を検討。
何を購入しようかと調べてみると「温湿度計」は価格や機能も様々。デザイン的にシンプルなものが良いと思っていたので、デザイン重視で探していると無印良品とIKEAが候補に。

無印良品の「デジタル温湿度計」は、無印らしい余計な装飾が無く表示も見やすいのでこちらでも良かったのですが、価格が税込み3,500円と結構な値段。

出来れば作業部屋以外にも複数置きたいと考えていた為、残念ながら価格面で見送り。
それに対してIKEAの温湿度計は、無印良品同様のシンプルさでデザイン的にも優れており、価格もかなりお手頃だったので、こちらを購入することにしました。

IKEA「SLÅTTIS スロッティス」のパッケージと本体を確認

パッケージはとてもシンプル。本体色は白1色のみの展開となっています。

パッケージに同梱されているのは、本体と簡易的マニュアルのみとなっています。
電池は同梱されていないので、別途自分で単4電池2本を用意する必要があります。電池はIKEAで10本税込み199円という激安価格で販売されているので、合わせて購入しておくと良いでしょう。

本体背面。中央には単4電池を入れる箇所があります。上部には壁掛け穴がありますので、ネジなどに引っ掛けて使うことが出来ます。また、スタンドが付いているので自立可能です。

自立させるとこの様な形。適度に角度が付き本体も見やすくなります。

IKEA「SLÅTTIS スロッティス」の大きさ

本体の大きさは、
・幅:8.5cm
・高さ:12cm
・奥行き:2cm
となっています。iPhone8と比較すると、高さが少し短い代わりに横幅が少し長いのが分かります。

IKEA「SLÅTTIS スロッティス」の重量

重量は、単4電池2本を入れた状態で約120gとなっています。

IKEA「SLÅTTIS スロッティス」の主な機能

現在の時刻・温度・湿度を表示してくれます。「+」「−」ボタンで、時刻の24時間表記・12時間表記が切替可能です。

IKEA「SLÅTTIS スロッティス」の良い点

シンプルなデザインで見やすい液晶画面

限りなくシンプルなデザインで、他メーカーの製品にありがちな「ロゴマーク」や「アイコン」がありません。
これならばインテリアの邪魔をせず、どんな場所に置いても馴染んでくれそうです。
また、液晶部分に「顔アイコン」などで熱中症の危険性を教えてくれる製品が多くありますが、個人的にはデザイン的にあまり好きではありません。
その点、このIKEA「SLÅTTIS スロッティス」は液晶部分にも余計な情報が一切無く、スッキリとした印象なのでとても気に入っています。

価格が安い

1個あたりの価格が税込み¥799と激安。温湿度計は高いものだと1個数千円するものもある中、破格とも言える価格設定です。

IKEA「SLÅTTIS スロッティス」のイマイチな点

液晶の文字自体は大きくて見やすく視認性は高いのですが、バックライトが付いていないので暗い部屋での使用はあまりオススメ出来ません。
僕は寝室にも置いていますが、寝室は暗くしているので少し見づらく感じます。

タニタなど他メーカーでは24時間の温度や湿度の変化をグラフで表示してくれるなどの機能が搭載されている機種もありますが、IKEA「SLÅTTIS スロッティス」はあくまで現時点での情報しか表示できません。

デザイン的にも価格的にも良いコスパに優れた温湿度計

多機能ではありませんが、見やすい表示と無駄なものが一切無いデザイン。そして価格も安いと個人的にはかなりオススメの温湿度計です。
オフィスや自室での空調管理の他にも、赤ちゃんや高齢者が居るお部屋にも1台置いておくと、熱中症予防に役立ってくれると思います。