iMacのUSBとSDカードスロットを一気に使いやすくUSBハブ「SATECHI USB-A COMBO HUB」を購入したのでレビュー

iMacといえばAppleを代表するデスクトップPCで、デザインも性能も優れた製品ですが、USBなどのポート類は背面に配置されお世辞にも使い勝手が良いとは言えません。そこで、そんな問題を解決してくれるUSBハブ「SATECHI USB-A COMBO HUB」を購入したので、レビューしていきます。

こんにちは。ぶっち(@____BUTCH)です。
iMac(27インチ Late2013)を長く使っています。見た目的なデザインは特に不満はありませんし、性能もまだ現役で使っていけると感じており、そこまで大きな不満はありませんが、唯一使いにくいと感じるのが、本体裏面にあるUSBポート類とSDカードスロットです。

USBポート類とSDカードスロットは裏にあるので、わざわざ本体後ろを覗いて確認しなければなかなか上手く挿すことが出来ず、使い勝手が良いとは言えません。
そこで、使いづらい背面ポート類を一気に使いやすくするUSBハブ「SATECHI USB-A COMBO HUB」を購入したので、取り付けた様子などをご紹介します。

購入したUSBハブ「SATECHI USB-A COMBO HUB」

購入したのは「SATECHI USB-A COMBO HUB」です。
SATECHIは、カリフォルニア州のサンディエゴに本社を置き、高品質でデザインの良いPC周辺機器やスマートフォンのケーブルやバッテリーなどを販売しているメーカーで、どの製品もApple製品と親和性の高い質感やデザインになっているので、MacやiPhoneユーザーの方にはSATECHIの製品を使っている方も多いのではないでしょうか。

今回購入したものは「SATECHI USB-A COMBO HUB」という製品で、2015年以前のiMacで使える、USB3.0タイプの製品です。
Amazonで購入し、価格は税込3,499円でした。

また同じ製品でハブ本体のUSB端子がUSB-Cになった「SATECHI USB-C COMBO HUB」という製品もあります。USB-Cポートが採用されている2017年以降のiMacの場合、こちらの製品を選ぶと良いでしょう。

パッケージを開封していきます

それでは、パッケージを開封して中身を確認していきます。
中には本体のみ収納されており、マニュアル類などは特にありません。ハブなので、特に説明は不要という事でしょう。

本体のサイズは
幅 13.7cm
高さ 2.8cm
奥行き 4.8cm
となっています。

ポート類は、左から
microSDスロット
SDスロット
usb3.0 × 3ポート
となっています。

SDスロットはmicroSDスロットとの同時使用は出来ず、どちらか1方しか使えない点は注意する必要があります。

ケーブルの長さは30cmほど。あまり長くは無いので、置き場所は限られてきそうです。

底面には滑り止め防止のゴムが付いていますので、置いた際にズレるという事は無さそうです。

重量は、実測で128.2g
重くはありませんが、作りはしっかりしているような印象を受けます。

ロゴが控えめなのがポイント

この製品の良いところは、ロゴが目立たない所です。
周辺機器の中にはガッツリロゴが記載されているものも多い中、控えめなロゴは非常に好印象です。本音を言えばこれすら要らない、もしくは表からは見えない所に印字して欲しいと思いますが、それは望みすぎなのでしょうか。

iMacに取り付けていきます

現状のiMac周りです。背面のUSBポートから充電・同期用にライトニングケーブルを伸ばしています。また、あまりにも背面のSDカードスロットが使いづらいので、別途持っていたカードリーダーを繋げて使っています。それもあり、全体的にゴチャゴチャしているのが気になっていました。

iMac背面USBポートです。SDカードリーダーやライトニングケーブル、USB-DACなどを繋げているので、余裕はありません。

「SATECHI USB-A COMBO HUB」を置いてみます。アルミの質感がiMac本体に近いので、違和感無く馴染みます。

背面USBポートに「SATECHI USB-A COMBO HUB」を取り付けます。


やはりディスプレイ下のこの位置がケーブルの長さ的にも一番良い置き場所だと思います。
取り付けた印象として、ハブ本体の底面には滑り止めのゴムが貼ってあるので本体が滑ってズレるという事は無さそうですが、ハブのUSBケーブルが結構太く強いので、自分でクセ付けしてあげないとハブ本体が浮き上がるような印象を受けました。

「SATECHI USB-A COMBO HUB」に3COINSのL字型ライトニングケーブルを使ってiPhoneと接続してみた様子です。ハブを介した状態でも問題なく充電・同期が可能でした。

SDカードを挿した様子です。もちろん問題なく認識し、ファイルにアクセス出来ています。

やはり前面にポートがあるととても使いやすいですね。一方、今度はケーブルの長さが気になり始めたので、邪魔にならないようにケーブルをまとめるなど一工夫しないとなと感じます。

iMacの使いづらい点を解消してくれる「SATECHI USB-A COMBO HUB」。USBやSDカードを頻繁に使う方にかなりオススメ

正直USBハブであれば、もっと安価な製品もあるのですがデザイン的に優れた製品はそう多くありません。「SATECHI USB-A COMBO HUB」はアルミボディの質感もiMac本体と似ており、ロゴも控えめなので、デザイン的にもiMacとの相性が良い優れた製品だと言えます。

iMacの使いづらい点を解消してくれる本製品は、USBやSDカードを頻繁に使う方にかなりオススメできる製品と言えそうです。