ミラ2チェア レビュー / アーロンチェアで有名なハーマンミラー社の現代の労働環境に合わせたモデル。デスクワークの悩みである腰痛対策に。

普段座って仕事をしているので、首や肩のコリ、腰痛などに悩まされる事が多くあります。少しでも体に負担がかからないようにしたいと思い、一番使っている時間が長い椅子に注目しました。

いわゆるオフィスチェアは、数千円で買えるものから数十万もするものまで様々なものがありますが、今回奮発して高級なオフィスチェアを購入することに。様々な製品を比較検討した結果『アーロンチェア』などで有名なハーマンミラー社の『ミラ2チェア』を購入しました。

購入したお店や、納期、価格などの他に、実際に座ってみて体にどんな影響があったのかをレビューします。

ミラ2チェアとは

高機能オフィスチェアとして有名な『アーロンチェア』などを手掛けるハーマンミラー社の新作チェアで2014年2月に発売されました。アーロンチェアも高級オフィスチェアとしては定番の椅子ですが、アーロンチェアが設計されたのは約20年ほど前で、当時と比べると現代人のワークスタイルは変化し、より椅子に座っている時間が長くなっています。

そこで、現代のワークスタイルに合わせて設計されたのがこの『ミラ2チェア』です。アーロンチェアの優れた機能は活かしつつ、よりコンパクトに、首や腰に負担をかけず体の動きに従うように作られています。

ミラ2チェアを購入する前にしたこと

『ミラ2チェア』に限らず高額な商品を購入する際には実際に試したい所です。というわけで、購入前には新宿にある「IDC 大塚家具 新宿ショールーム」で、試し座りしました。こちらの店舗は『ミラ2チェア』の他にも、『アーロンチェア』や高機能オフィスチェアで有名なオカムラの『コンテッサ』や『バロンチェア』など様々なオフィスチェアが展示してあるので、それぞれの比較検討が出来ます。

最近では「SOHO GALLERY」がリニューアルし、約100台のワークチェアを展示しているそうです。

当初から『ミラ2チェア』を考えていた自分は、『ミラ2チェア』を中心に様々な椅子に座って試してみました。座り心地やデザイン、価格などを総合的に判断して、「やはりミラ2チェアにしよう」と決意し、その場で購入しました。

金額は2016年購入当時、大塚家具での値引きもあり当時13万円ほどで購入出来ましたが、2020年現在は値上がりしているようで、ハーマンミラー公式ストアでの金額は146,300円(税込)となっています。大塚家具でも同様に値上がりしている可能性があるので、店舗で確認してみることをオススメします。

ミラ2チェアの納期

一番定番のカラーである【黒】と【ターコイズ】に関しては、大塚家具の店舗で在庫を持っており、概ね1週間程度で納品できるとの事でした。

しかし、色のカスタマイズをするとオーダーメイドの様な形になるので約3ヶ月ほどかかるとの事。実際に自分も色を白にしたので、2015年11月初旬に注文して、実際に届いたのが2016年1月末と3ヶ月ほどで納品されました。

かなり納期が長いですが、これはハーマンミラー公式サイトで注文する時にも同様です。

一番標準のモデルであれば「7週間でお届け可能です」となっていますが、

色や素材などのをカスタマイズすると「15週間でお届け可能です」と、通常の倍以上の日数がかかることが分かります。色や素材をカスタマイズしたいと言う方は、かなり時間がかかることを念頭に置いておく必要があります。

ミラ2チェアの良いところ

座った時のフィット感は安い椅子と段違い

店頭で試し座りしてた時から感じていましたが、今まで使っていたオフィスチェアと比べると座った時のフィット感は段違いです。腰から背中全体にかけて自然にフィットするような感覚で、座った瞬間にあぁ良い椅子だなぁと実感できます。

また、座面はメッシュになっており通気性が高いのもポイント。以前まで使っていた椅子は夏場など長時間座っていると蒸れてきて、ふとももの部分が汗ばんで不快でしたが、『ミラ2チェア』に買い替えてからは蒸れることも無くなり、夏場でも快適に使えています。

メッシュだと耐久性が大丈夫かなと、購入当初は心配でした。数年結構ヘビーに使っていますが座面部分に関しては特に破れたりはしておらず、このまままだしばらくは使い続けられそうなので、耐久性もそれほど心配する必要は無いかなと思います。それに万が一壊れたとしても12年保証なので、修理に出せばいいかなと考えています。

アームレストの調整が自由自在

ミラ2チェア』では、アームレストがかなり自由に調整できます。安いものだと高さすら調節できないものも多い中、高さはもちろん、角度や前後の位置なども調節でき、かなり自由度が高いです。

アームレストの高さ調節はもちろん可能

左右の角度も調整可能

下から見れば分かる通り、前後にも調整が可能となっています。

ランバーサポートにより腰をしっかりと支える

ミラ2チェア』には【ランバーサポート】が付いています。これを使うことにより、背骨を支え理想的な着座姿勢にするサポートをしてくれるので、長時間椅子に座る事の多いデスクワーカーにとって嬉しい機能と言えます。

ミラ2チェアの悪いところ

座面の下にホコリが溜まる

写真は少し掃除した後ですが、座面下にかなりホコリが溜まります。座っている際にズボンが擦れてホコリが落ちるのかわかりませんが、かなりの量がいつも付着しており、掃除がちょっと大変です。

いつもはウェットティッシュで拭いて掃除をしています。ただどうも本体のプラスチック部分がかなりザラザラした素材の為、1回であまり綺麗にならず何回か拭かないとホコリを落としきれないので、多少手間だなと感じます。

ヘッドレストが欲しい時がある

この『ミラ2チェア』にはアーロンチェア同様ヘッドレストは付いていません。アーロンチェアの場合は社外品がいくつか販売されているので、ヘッドレストを後から付けることが出来ますが、『ミラ2チェア』用のヘッドレストって売ってない無いんですよね・・・。

前傾姿勢で使うことを重視されているので付いていないのかもしれませんが、たまには後ろに倒してゆったりしたい時もあります。そういった使い方を良くするのであれば『エルゴヒューマン』など別のチェアを検討した方が良いかもしれません。

身体への変化はあったのか

以前使っていたオフィスチェア(1万円台)のものと比較すると、確実に身体への負担は軽減されていると感じます。

今までの椅子は、しばらく座っていると腰が痛くなり重い感じがしていましたが、『ミラ2チェア』ではその感覚が軽減されているように思います。また、椅子から立ち上がる際も以前の椅子と比較するとスッと立てるようになりました。

ただ、腰の方はだいぶ負荷が軽減されているように感じますが、首や肩のコリはそこまで変化がないように感じます。これは元々の自分の姿勢の悪さがあるのと、アームレスト周りの調整が上手く行っていなかったのが原因かなと思っています。最近アームレストを調整し、腕を意識的にアームレストに置くようにしたら、肩周りの負荷が少し軽減された感じがあります。

やはり購入したそのまま使うのではなく、自分の体やクセに合うように『ミラ2チェア』を調整していく必要がありそうです。豊富な調整機能を備えた『ミラ2チェア』は自分好みにカスタマイズしてよりフィットするようにしていくのが良い使い方だと思います。

ミラ2チェアのまとめ

  • ミラ2チェアの良い点
  • ・座面がメッシュなので通気性が良く、夏でも熱がこもらない
  • ・前傾チルト機構により、前傾姿勢での作業時にもしっかりと支えてくれる
  • ・ランバーサポートによりしっかりと腰にフィット
  • ・アームレストの自由度が高い
  • ・色が自由に選べ、空間にあったものに出来る
  • ・アーロンチェアと比較すると安価
  • ・12年保証が付いている
  • ミラ2チェアのイマイチな点
  • ・ヘッドレストが無い
  • ・座面下にホコリが溜まる

『ミラ2チェア』はハーマンミラー社が現代のワークスタイルに合わせて設計したオフィスチェアです。実際に使ってみて、今まで使ってきた安いチェアと比較すると腰への負担は軽減されていると感じています。

アーロンチェアと比較しても機能面で劣ることは無く、色のカスタマイズが出来たりとデザイン的にも優れています。

10万円を超える金額なので気軽に購入できるものではありませんが、長期間使うことを考えると決して高くない買い物だと思います。テレワークなどで自宅でデスクに向かう時間も増えていますので、チェアに投資するというのは悪くない選択だと思います。

この記事を書いた人
ぶっち

デジタルガジェットとパソコンとオシャレな家電が大好きなフリーランスWEBクリエイターです。普段は『MONOCHROME DESIGN』という屋号で、WordPressを使ったウェブサイト制作を行っています。