【無印良品】コードレス掃除機「コードレススティッククリーナー」を半年以上使ってみての感想

無印良品から販売されているコードレス掃除機「コードレススティッククリーナー MJ-SC1」を実際に使ってみて、掃除機としての性能や使い勝手などをレビューします。

こんにちは。ぶっち(@____BUTCH)です。
我が家は無印良品の製品が多いのですが、掃除機も無印良品のコードレス掃除機「コードレススティッククリーナー MJ-SC1」を使っています。
このコードレス掃除機は、今年始めくらいに購入し約8ヶ月ほど使っています。使っていくうちに見えてきたメリット・デメリットなどをレビューしていきます。

無印良品「コードレススティッククリーナー MJ-SC1」の外観

本体全体です。無印良品らしくロゴや装飾が無く細身のシルエットの為、とてもスッキリしたデザインです。本体は艶が少ないマットな白で他の無印良品の製品ととても良く合います。

重量は約1.4kg。他メーカーのコードレス掃除機は2kgを超えるものも多い中、この製品はコードレス掃除機としてはかなり軽い部類に軽い部類に入るので、女性でも扱いやすいのが特徴です。

本体背面には、製造元などの詳細な情報がが記載されています。製造元は「ツインバード工業株式会社」。無印良品の家電製品ではお馴染みのメーカーですね。

持ち手部分には、電源ボタンとターボモード切り替えボタンがあります。

個人的に使っていて気になった点としては、使っている最中にターボモードに切り替えようとして電源ボタンを押してしまうという事がよくあります。幸い電源ボタンは長押ししないとON・OFFが切り替わらないようになっているので、誤作動を起こすことはありませんが、ボタンの形状がほぼ同じな為、ちょっと間違えやすいのかなとも感じます。

掃除機のヘッド部分です。コンパクトなため、ソファの下やベッドの下などの狭いスペースにも入っていきやすい設計となっています。

ヘッド裏の吸込口部分はこのような形。他メーカーでは回転ブラシなど付いている製品もありますが、この掃除機には付いておらず、ゴミを掻き出して吸い込む様な用途にはあまり向いていません。

充電中は電源ボタン下部にあるランプがオレンジ色に点滅します。充電が完了すると点滅が止み、点灯しつづけるようになります。充電時間は約4時間ほどで満充電になります。

運転時間は、標準モードで約30分、ターボモードで約18分となっています。自分の場合、家中を掃除しても30分以内で済ませられるので、運転時間は十分かなと思います。

本体へ充電するにはACアダプターを使います。ACアダプターはそこまで大きくはありません。本体・ケーブル共に本体に合わせて白いので、目立たないのはとても良いポイントだと思います。

無印良品「コードレススティッククリーナー MJ-SC1」の気になる吸引力はどうか

無印良品コードレススティッククリーナー MJ-SC1のスペック上の吸引力は、
・通常モード:吸込仕事率15W
・ターボモード:吸込仕事率28W
となっています。

スペック上の吸込仕事率はそこまで大きいものではありませんが、実際に使ってみると通常モードでもなかなかの吸引力があり、フローリングや平らな面であれば十分にホコリやゴミを吸い込んでくれます。

カーペット

カーペットの場合、上に落ちているようなゴミであれば通常モードでも十分に吸い込んでくれます。ただ、カーペットの中に入り込んでいるようなゴミの場合、取り切れない事もあります。

その場合はターボモードに切り替え、何回か往復すると吸い込んでくれます。こういった場合回転ブラシが付いているようなタイプの製品の方が得意なのではないかと思います。

フロアマット

小さなお子様がいるような家庭だと、フロアマットを引いてある事もあるかと思います。フロアマットでは標準モードで十分にゴミやホコリを吸い込むことが出来ました。

付属の隙間ノズルに付け替えると、狭い隙間も掃除可能

掃除機を購入すると付属で付いてくる隙間ノズルをセットすると、部屋の角や普通のヘッドでは届かない狭い奥の部分まで掃除が出来ます。

無印良品「コードレススティッククリーナー MJ-SC1」のゴミ捨て

吸い込んだゴミは、本体のダストカップの中に溜まっていきます。掃除をする時はフィルターを外し、ダストカップの中のゴミと、フィルターに付着したゴミを取り除いていきます。

本体中央部分にあるボタンを押しながら回すと、パカッと本体が分離します。

ダストカップとフィルターがあるので、フィルターを取り外し中のゴミを捨てます。

フィルターは「メッシュフィルター」「布フィルター」「スポンジフィルター」の3層構造になっており、ゴミをしっかりと吸着してくれます。家中を掃除したので、大量のホコリや髪の毛が付着していますね。。。

なお、ゴミを捨てる際には結構ホコリが舞うのでマスクなどをした方が良いかもしれません。一長一短あるとは思うのですが、ゴミ捨てに関して言えば紙パック方式の方が楽だと思います。

汚れたフィルターは水洗いOK

フィルターは汚れが酷くなってきたら丸ごと水洗いできます。

中性洗剤を使って丸ごと水洗いしました。

洗ったフィルターはベランダなど風通しの良いところでよく乾かしてから再度セットします。

以前、フィルター類を水洗いをした後完全に乾ききらないままセットした事がありました。
そうすると次に使った時に、掃除機から生乾きの様なイヤな匂いが出てきたので、再度フィルターを全て洗い直したという苦い経験があります。

フィルターを水洗いをした際にはしっかり乾かしてから付けることを強くおすすめします。

無印良品「コードレススティッククリーナー MJ-SC1」のメリット・デメリット

以上、無印良品「コードレススティッククリーナー MJ-SC1」の使い勝手などを見てきましたたが、最後にまとめとして感じているメリット・デメリットです。

メリット
  • ・何よりも細身のシルエットで余計な装飾が無い、シンプルなデザイン
  • ・軽いので女性でも扱いやすく、気軽に掃除が出来る

メリットはやはり「デザイン」が一番かなと思います。ここまでシンプルでインテリアの邪魔にならない製品はあまり無いので、さすが無印良品と行った所。

また本体は1.4Kgと軽いので、誰にでも扱いやすく気軽に掃除が出来るという点は大いにメリットだと思います。

デメリット
  • ・吸引力はそこまで強くない
  • ・他社の製品と比較し、機能で比べると価格は高め

デメリットとしては「吸引力」が控えめという所です。コスパが良いと評判の「マキタ」などは、1万5000円以下で吸込仕事率32Wのコードレス掃除機を販売しています。デザイン面では圧倒的に無印良品の方が良いと思いますが、スペック面で見ると厳しいかなと感じます。

デザイン重視の方や一人暮らしの方におすすめ

一通り見てきましたが、多少見劣りする点はあるものの、全体的には使いやすくて満足しています。デザイン重視の方はもちろん、一人暮らしの方が気軽に掃除をするための掃除機としては非常に良い製品ではないかと思います。

価格の方も販売当初は税込み29,900円とかなり高かったのですが、価格改定されて安くなった上、現在9/26までの期間限定でセールを行っており19,900円で販売されています。気になる方は安いうちに購入がオススメです。