スリーコインズ 急速充電2ポートACアダプター レビュー / 2ポート同時充電が出来るスリコのUSB電源アダプタ。お手頃な値段でデザインも性能も良し

300円でオシャレな雑貨が購入できる3COINS(スリーコインズ)で、スマートフォンやタブレットの充電に最適なUSB2ポートの急速充電器を購入したので、デザインや実際の性能などをレビューします。

スリーコインズ 急速充電2ポートACアダプターとは

最大3.4Aまでの出力に対応し、USBポートが2ポートある電源アダプターです。

最近ではスマートフォンの高性能化・バッテリーの大容量化によって、より速い充電を求められるようになりました。この『スリーコインズ 急速充電2ポートACアダプター』はそんなニーズに答えられる製品となっています。

スリーコインズ 急速充電2ポートACアダプターのスペック

定格出力DC5.0V
定格入力AC100-240V
50-60Hz
最大出力2ポート 合計3.4A
(1ポート最大2.4A)
USBポートUSB-A 2ポート
本体サイズ幅4.5×高さ4.5×奥行2.6cm
価格1,100円(税込)

100-240Vに対応しているので、日本以外でも使えます(コンセント形状が異なる場合、変換アダプタは別途必要)

USBを2ポート備え、2ポート合計で3.4Aの高出力を出せるのに価格は税込み1,100円とそれなりに安価。3.4AくらいのUSB電源アダプタだと、2,000円前後する製品も多いので、『スリーコインズ 急速充電2ポートACアダプター』はコスパに優れていると言えそうです。

スリーコインズ 急速充電2ポートACアダプターのパッケージ

2021年現在、パッケージデザインが変わっている可能性がありますが、僕が購入した時はこのようなパッケージでした。

パッケージ背面には製品仕様や使用方法、製造元などの記載があります。

製造元は「コーリュウ株式会社」。このUSB電源アダプターを始め、スリーコインズのデジタル製品全般を手掛ける会社です。

スリーコインズ 急速充電2ポートACアダプターの本体

『スリーコインズ 急速充電2ポートACアダプター』の本体を見ていきます。

本体は四角いキューブ型。表面は光沢があり、触るとツルッとしています。安価な製品ながらそこまで質感は悪くないように思います。

USBは2ポート。1ポートあたり最大2.4A、2ポート合計で最大3.4Aまでの出力が可能。

コンセントプラグ部分。製品仕様の記載があります。プラグは折り畳めるようになっているので、持ち運ぶ際に便利です。

本体重量は実測で48.7g。持った感じも軽いです。

スリーコインズ 急速充電2ポートACアダプターの性能

それでは『スリーコインズ 急速充電2ポートACアダプター』がちゃんと高速充電できるかを、USBチェッカーを使って計測してみます。

なお、ここで使用しているケーブルは『Anker PowerLine Ⅱ ライトニングUSBケーブル』を使っています。

また、iPhoneにはバッテリーの耐久性を伸ばすためにトリクル充電と呼ばれるバッテリーに負荷をかけない方法を採用しているので、iPhoneのバッテリー残量を減らして計測しています。

計測結果は、

5.06V/2.00A≒10.127W

と、10Wを超える値で出力できている事が確認できました。以前までiPhoneを購入した時に付属していた『Apple 5W USB電源アダプタ』などと比較すると、2倍以上速く充電できる計算になります。

スリーコインズ 急速充電ACアダプターを比較

スリーコインズでは、USBが1ポートタイプのUSB電源アダプタも販売されています。1ポートタイプのものと大きさなどを比較してみました。

左側がUSB1ポートの電源アダプタ、右側がUSB2ポートの電源アダプタ

大きさはUSB1ポートの電源アダプタとほぼ一緒。角がUSB2ポートタイプの方が丸くなっています。個人的には角がある方がシャープでカッコいいと思っているので、デザイン的にはUSB1ポートタイプの方が好みです。

(USB1ポートタイプの電源アダプタは、子供が間違ってプラグを折ってしまったので、使えなくなっています・・・。)

両者を比較してみてもほぼ一緒。どちらともプラグを折り畳めるようになっています。

最大の違いである、USBのポート数。本体サイズがほぼ一緒ながら、USBポート数が異なります。こう考えると、USB1ポートの電源アダプタは、もっと小さく出来るのでは?と思ってしまいますね。

スリーコインズ 急速充電2ポートACアダプターのまとめ

  • Intel SSD 600pの良い点
  • ・M.2スロットなのでケーブル取り付けにケーブルが不要
  • ・NVMe接続なだけあって、SATA接続のSSDより読み込み速度が数倍速い
  • Intel SSD 600pのイマイチな点
  • ・アイドル時で50℃、高負荷時で70℃を超える発熱
  • ・2021年現在、速度・容量面でもっとコスパの良い製品がある

『スリーコインズ 急速充電2ポートACアダプター』は、税込み1,100円と安価な上、USBを2ポート備え、更に合計で3.4Aの高出力が可能と、コスパに優れる電源アダプタとなっています。

以前までiPhoneに付属していた『Apple 5W USB電源アダプタ』などと比較すると、確実に高速に充電できるので、昔からずっと同じものを使っているという方は、こういった高出力な電源アダプタに変えてみても良いかもしれません。

スリーコインズでは、USBが1ポートの『スリーコインズ 急速充電ACアダプター』も一緒に販売されていますが、本体サイズがほぼ一緒で、ポート数も多い『スリーコインズ 急速充電2ポートACアダプター』の方がオススメ度は高いです。

完成度が高く、あまり文句の付け所が無い『スリーコインズ 急速充電2ポートACアダプター』ですが、あえて言うならば2台同時に充電した場合、充電速度が落ちるという点。これは、2ポート合計で3.4A、1ポートあたり最大2.4Aという仕様なので、2台同時にフルスピード充電が出来ません。

スマートフォンやタブレットのヘビーユーザーで2台同時フルスピード充電したい場合は、Ankerの『Anker PowerPort 2 Elite』あたりが候補にあがってきます。これは2ポートそれぞれ2.4Aの出力が出来るので、2台同時に充電しても速度が落ちません。

この記事を書いた人
プロフィール画像
ぶっち

デジタルガジェットとパソコンとオシャレな家電が大好きなフリーランスWEBクリエイターです。普段は『MONOCHROME DESIGN』という屋号で、WordPressを使ったウェブサイト制作を行っています。