パナソニックドラム式洗濯乾燥機の「Cuble(キューブル)」の最新モデル『NA-VG2400L/R』の新しくなった点をまとめ

パナソニックのドラム式洗濯乾燥機「Cuble(キューブル)」シリーズの最新モデルが2019年12月に販売されました。以前の機種と比較してどのくらい変更点があるのかをまとめました。なお、今回比較するのは「Cuble(キューブル)」シリーズ最上位機種である『NA-VG2400L/R』と『NA-VG2300L/R』です。こちらの機種は見た目がステンレスで、操作パネルがタッチパネル式になっています。

「NA-VG2400L/R」と「NA-VG2300L/R」のスペックを比較

パナソニック公式サイトには、両者のスペックが載っています。そちらより新旧両方を比較していきます。『NA-VG2400L/R』で新しくなっている点は強調してあります。

 NA-VG2400L/RNA-VG2300L/R
洗濯・脱水容量10kg10kg
乾燥容量5kg5kg
運転音洗濯時:約32dB
脱水時:約42dB
乾燥時:約46dB
洗濯時:約32dB
脱水時:約42dB
乾燥時:約46dB
標準使用水量定格洗濯時約78L約78L
定格洗濯乾燥時約65L(乾燥 0L)約65L(乾燥 0L)
消費電力電動機約230W約230W
湯沸かし用電熱装置約1000W約1000W
最大洗濯時:約1190W
乾燥時:約800W
洗濯時:約1190W
乾燥時:約800W
消費電力量定格洗濯時約70Wh約70Wh
定格洗濯乾燥時
(標準乾燥モード)
約1980Wh約1980Wh
目安時間定格洗濯時約30分約30分
定格洗濯乾燥時
(標準乾燥モード)
約195分約195分
本体寸法(幅×高さ×奥行)約600×998×665mm約600×998×665mm
本体質量約74kg約74kg
本体寸法(幅×高さ×奥行)
(給・排水ホース含む)
約639×1050×665mm約639×1050×665mm
コース洗濯おまかせ
わが家流(新)
約40℃おまかせ
約40℃つけおき(普段着)
約40℃つけおき(おしゃれ着)(新)
約40℃においスッキリ
約60℃おまかせ(除菌)
約30℃おしゃれ着
おうちクリーニング
毛布(サイズ:4.2kgまで)
槽洗浄
約30℃槽洗浄
パワフル滝(洗い・すすぎ)(新)
約40℃おしゃれ着
約60℃槽カビクリーン(スマホで洗濯限定)(新)
おまかせ
わたし流
約40℃おまかせ
約40℃つけおき
約40℃おしゃれ着
約40℃においスッキリ
約60℃除菌(約60℃おまかせ)
約30℃おしゃれ着
おうちクリーニング
毛布(サイズ、4.2kgまで)
槽洗浄
約30℃槽洗浄
パワフル滝すすぎ
乾燥おまかせ
わが家流(新)
ナイト(設定変更で可能)
毛布(サイズ:3kgまで)
槽乾燥
おまかせ
わたし流
毛布(サイズ、3kgまで)
槽乾燥
洗乾おまかせ
わが家流(新)
ナイト(設定変更で可能)
約40℃おまかせ
約40℃つけおき(普段着)
約40℃においスッキリ
約60℃おまかせ(除菌)
毛布(サイズ:3kgまで)
パワフル滝(洗い・すすぎ)(新)
タオル専用(新)
おまかせ
わたし流
約40℃おまかせ
約40℃つけおき
約40℃においスッキリ
約60℃除菌(約60℃おまかせ)
毛布(サイズ、3kgまで)
パワフル滝すすぎ
ナノイー花粉ケア
除菌・消臭
花粉ケア
除菌・消臭
洗浄方式スピンダンシング洗浄
ジェットバブル
浸透ジェットシャワー
スピンダンシング洗浄
ジェットバブル
浸透ジェットシャワー
乾燥方式低温風パワフル乾燥(ヒーター/排気式)低温風パワフル乾燥(ヒーター/排気式)
IoT機能○(わが家流)
操作部 パネル静電タッチパネル静電タッチパネル
液体洗剤・柔軟剤自動投入
温水機能
15℃洗浄モード
洗濯かごモード
低騒音モード
ナノイーX
エコナビ
バスポンプ
自動槽洗浄
カビクリーンタンク
スパイラルドラム
ステンレス槽
3D見張りセンサー
予約タイマー(1時間単位)
毛布洗い○(洗・乾3.0kg以下、洗濯4.2kg以下)○(洗・乾3.0kg以下、洗濯4.2kg以下)
ふとん洗い○(洗濯1.0kg以下)○(洗濯1.0kg以下)
乾燥フィルター
糸くずフィルター
バスポンプ 内蔵
ロック機構
抗菌ハンドル
Ag成分バッフル・バックフィルタ-バッフル・バックフィルタ-
排水ホース取り出し左・右・後方 3方向+真下(伸縮式)左・右・後方 3方向+真下(伸縮式)
対応防水フロアー奥行(内寸)540mm以上奥行(内寸)540mm以上
待機電力ゼロ

それでは、新しくなっている点を見ていきます。

洗濯コースが増えた

最新モデル『NA-VG2400L/R』では、主に洗濯や乾燥コースがいくつか追加されています。

約40℃つけおきコースが、普段着・おしゃれ着両方出来るように

現行モデル『NA-VG2300L/R』では、約40℃のつけおきコースが普段着のみ対応していたのに対し、最新モデル『NA-VG2400L/R』では、おしゃれ着も約40℃つけおきコースが選択出来るようになりました。

これにより、おしゃれ着に付いたガンコな汚れにも対応できるようになりました。

「わたし流」が「我が家流」へと進化

現行モデル『NA-VG2300L/R』では、「わたし流」という名称で、洗濯時間やすすぎ回数などをカスタマイズした自分好みの洗濯コースを作ることが出来ます。

最新モデル『NA-VG2400L/R』では、より進化した「我が家流」という名称に変わり、最大10コースまで自分でカスタマイズしたコースを登録できるようになりました。

これにより「人別」や「汚れ別」によって、カスタマイズしたコースを使い分けられるようになり、より柔軟な洗濯が可能となっています。

「パワフル滝すすぎ」が「パワフル滝コース」に変更

現行モデル『NA-VG2300L/R』では、「パワフル滝すすぎ」というコースがあります。これは通常よりすすぎの回数・時間を増やし、たっぷりの水で徹底的にすすぐという内容のものでした。

最新モデル『NA-VG2400L/R』では、名称を「パワフル滝コース」に変え、洗いの段階からたっぷりの泡と大水流シャワーを使い、落ちにくい汚れも落とせるように改良されました。

タオル専用のコースが追加されました

最新モデル『NA-VG2400L/R』では、今治タオルIKEUCHI ORGANIC監修の元、「タオルコース」というコースが追加されています。これは通常より水量を増やし、やさしく洗った上、ほぐし運転でタオルのパイルを起こすというもの。これによりいつものタオルがふんわりと仕上がるタオル専用のコースとなっています。

本体の基本性能に変化は無い

現行モデル『NA-VG2300L/R』と最新モデル『NA-VG2400L/R』をスペックを元に変更点を見てきました。

よく見ると分かるのですが、ドラム式洗濯乾燥機としての基本性能に変更点は見当たりません。本体サイズはもちろん、洗濯容量、乾燥容量を始め、静音性や消費電力量にも違いは無いようです。

つまり最新モデル『NA-VG2400L/R』は、本体のハードウェア的な進化は無く、コースの追加などソフトウェア面で進化しているモデルと言えます。

NA-VG2400L/Rは「買い」か?

現行モデルである『NA-VG2300L/R』を持っている人からすると、本体の性能は全く一緒なので、買い換える動機としては薄いと思います。

また、これから「Cuble」シリーズの購入を検討している方から見ても、「タオルコース」などの追加されたコースにあまり興味が無ければ、型落ち品として価格が安くなっている現行モデル『NA-VG2300L/R』で十分だと思います。

『NA-VG2300L/R』は、販売当初約30万円近い価格でしたが、現在では20万円くらいまで価格が下落しており、お買い得感が高くなっています。

「Cuble」シリーズが欲しい方は、在庫が無くなる前に購入されるのが良いのではないでしょうか。

また、前世代のモデルになりますが、僕は『NA-VG2200R』を使っています。実際の使い勝手や良い点、残念な点などをまとめてありますので、ご興味ある方は是非参考までにご覧ください。

さらに、2020年11月に2020年モデルとなる『NA-VG2500L/R』が販売予定です。変更点などを下記でまとめています。

この記事を書いた人
プロフィール画像
ぶっち

デジタルガジェットとパソコンとオシャレな家電が大好きなフリーランスWEBクリエイターです。普段は『MONOCHROME DESIGN』という屋号で、WordPressを使ったウェブサイト制作を行っています。