オフィスやデスク周りで活躍!洗濯機で丸洗いできる「USBあったかスリッパ」を購入レビュー

冬の寒い時期、デスクワークをしていると辛いのが手足の冷えです。部屋を暖かくしても足元は冷たいまま…という悩みを解決してくれる「USB」で給電するタイプのあったかスリッパです。実際に購入して使ってみた様子などをレビューしています。

こんにちは。ぶっち(@____BUTCH)です。
普段はデスクワークをしていますが、寒くなってくると辛いのが手足の冷えです。暖かくしようとしてエアコンの温度を上げると、確かに部屋は暖かくなるのですが、頭がボーッとしてくる上に足元だけは寒いままになるので、これを何とかしたいと思っていました。

以前から狙っていたのは「USBで給電するタイプのスリッパ」。これを毎年買おうと思いつつ結局は買わずじまいだったのですが、新型が出たという記事をネットで見たのでこれは買い時だと思い購入してきました。実際に使ってみた様子などをレビューします。

今回購入した「USBあったかルームシューズ」とは

見た目は普通のルームシューズですが、つま先とかかと部分に2つのヒーターがあり足元全体を温めてくれるというスグレモノです。

電源は「USBに接続して取る」というタイプなので、オフィスやデスク周りなどパソコンやUSBハブがある環境で活躍してくれます。

購入した店舗

秋葉原に店舗がある【サンコーレアモノショップ】で購入しました。こちらのお店はPCグッズを中心にかなり変なもの独創的なアイディアで生み出されたものを扱っているショップです。価格は税込3,480円でした。

実店舗としては秋葉原と末広町に店舗がありますが、Amazon楽天市場にもネットショップがあるので、遠方の方はネットからでも購入できます。

「USBあったかルームシューズ」のパッケージ

それでは購入してきた「USBあったかルームシューズ」を確認していきます。

パッケージとしてはこのような形で販売されていました。店舗での在庫はかなりあった(少なくとも20個以上)ので品切れで手に入らないという事はまず無さそうです。

この製品の特徴としては、「つま先」と「かかと」部分にヒーターが内蔵されており、そのヒーターを温める事で足全体がポカポカに温まります。またヒーター部分は取り外し可能なので、シューズ部分だけを丸洗いすることで清潔に保てます。こういったシューズは足の汗が付着しニオイが発生しやすいので丸洗いできるのは嬉しいポイントです。

サイズはフリーサイズとなっており「24〜28cm」まで対応しているので、女性から比較的足の大きい男性まで幅広く使うことが可能です。

また今回の製品の特徴として「かかとを踏んで使える」事が強調されています。以前までの「USBあったかスリッパ」はもっと全体的に分厚く、足全体をスッポリと包むような形状だったのでより履きやすく改良されたようです。

「USBあったかルームシューズ」のスペック

パッケージ裏面には詳細なスペックが記載されています。電源はUSBポートより片足ずつ給電しそれぞれ1Aの出力が必要です。

注意点としては、ACアダプターやUSBハブなどを使う場合、出力するアンペアが低くて上手く作動しない場合があります。2ポート以上あるようなACアダプターを使う際にも、それぞれ1A以上の出力が出来るかどうかを確認した上で購入する事をオススメします。

Ankerなどの製品であれば、各ポート最大2.4Aまで出力できるので間違いないですね。

「USBあったかルームシューズ」の温度調整と消費電力

温度調整は
高:約51度 / 中:約46度 / 低:約42度
の三段階で調整可能です。スイッチを押すたびに温度が切り替わり、LEDランプの色で現在の温度を表示してくれます。

消費電力としては1時間当たり約0.2円ほど(両足、5V/800mAでの利用を想定)と省電力設計。1ヶ月(30日)24時間フルで使っても144円なので、暖房器具として考えるとかなり経済的です。

「USBあったかルームシューズ」の同梱物

同梱物としては「USBあったかルームシューズ」本体と、付属のUSBケーブルが2本のみと簡易的。ケーブルを繋いでUSBポートに接続するだけなので特に説明などは不要という事なのでしょう。

「USBあったかルームシューズ」の本体の作り

それでは、「USBあったかルームシューズ」の本体の作りを見ていきます。

「USBあったかルームシューズ」のデザイン

全体的に薄手なシューズで楕円形の形をしています。色はネイビーのみの展開です。

「USBあったかルームシューズ」の底

底面には滑り止め用のゴムが付いています。

「USBあったかルームシューズ」の高さ

以前販売されていた「USBあったかスリッパ」は少し分厚い感じでしたが、かかとを踏んで使えるようになった事もあり高さも薄くなっています。

「USBあったかルームシューズ」のUSBケーブル長さ

USBケーブルの長さは約200cmです。主に使うシーンとしてはオフィスなどのデスク周りで使うと思うので、その範囲であれば十分な長さはありそうです。

「USBあったかルームシューズ」の内蔵ヒーター

スリッパ側面にはファスナーが付いており、開けると中から内蔵ヒーターを取り出すことができます。

このように内蔵ヒーター部分だけを抜き出せるので、足に触れるスリッパの部分は丸洗いできます。ニオイが発生しやすい箇所なので、丸洗いできるのは嬉しいポイントです。

なお、洗濯方法は「手洗い」が良いとの事。確かにスリッパ部分の耐久性はそこまで高くなさそうなので、手洗いか洗濯機を使う際にも優しく洗うコースなどを使った方が良いかもしれません。

「USBあったかルームシューズ」を履いてみた

「USBあったかルームシューズ」を実際に履いてみました。自分の足のサイズは25.5cmほどですが余裕で履くことが出来ます。

かかとを踏んで履けるので、とても楽で履き心地もなかなか良いと感じます。

実際にデスクワークをした時の様子はこのような感じです。普通に履く分には問題ありませんが、やはり少しUSBケーブルが気になります。

「USBあったかルームシューズ」の暖かさ

こちらはスイッチで高/中/低と温度調節が切替可能です。高にするともっと寒くなった時でも大丈夫と思えるくらいかなり暖かく感じます。そこまで寒くないときには中や低を使うと良い感じですが、個人的には低はあまり使わないので温度調整は3段階も要らないような気がしています。

「USBあったかルームシューズ」の配線周り

ひとまず空いているUSBポートがiMacだったので、iMac本体裏面にあるUSBポートに繋いでみましたが、やはりゴチャゴチャとしますね。 。。

また、USBポートが多くない環境やパソコンを使う場合、これだけの為に2ポートも占領してしまうのは少しもったいないなと感じます。

「USBあったかルームシューズ」のまとめ

以前から気になっていた「USBあったかルームシューズ」を実際に使ってみましたが、暖かさという点で言うと文句なく暖かくなります。この製品を買う前までは、足元が寒すぎてエアコンとは別の暖房器具を置いていたので、冬場の電気代が高くなって困っていました。この「USBあったかルームシューズ」があれば別の暖房器具は要らなくなると思うので、経済的にも助かりそうです。

「USBあったかルームシューズ」の改善してほしい点

やはり配線周りがゴチャゴチャしてしまうのが難点です。USBポートも両足で2ポート使うことになるので、USBの空きに余裕がない場合は何かハブなどを別途購入する必要がある点は残念です。

USBの仕様として給電能力に上限があるので、片足ずつそれぞれUSBポートに繋がなければいけないのは仕方がない事だというのは理解していますが、将来的にこの点を改善した製品が出てくることを期待したいと思います。

コードレスが良い場合、モバイルバッテリーポケット付きの製品もオススメ

ここまで「USBあったかルームシューズ」の使い勝手などを見てきましたが、実は同じくサンコーから【モバイルバッテリーポケット】が付いた「USBあったかスリッパ」という製品も販売されています。

こちらはスリッパの側面にモバイルバッテリーを収納でき、そこから給電することによって完全コードレスで使用することが出来ます。

モバイルバッテリーが入る分重くなるというデメリットはありますが、デスク周りだけではなく家中あったかに使えるので、使うシーンによってはこちらでも良いかもしれませんね。

この記事を書いた人
ぶっち

デジタルガジェットとパソコンとオシャレな家電が大好きなフリーランスWEBクリエイターです。普段は『MONOCHROME DESIGN』という屋号で、WordPressを使ったウェブサイト制作を行っています。

ぶっち

デジタルガジェットとパソコンとオシャレな家電が大好きなフリーランスWEBクリエイターです。

普段は『MONOCHROME DESIGN』という屋号で、WordPressを使ったウェブサイト制作を行っています。

詳しいプロフィールはこちら
お問い合わせはこちら