挽きたてのコーヒーが楽しめるミル付き全自動コーヒーメーカー5選

作業中や一息付きたい時などに飲みたいのが「コーヒー」です。どうせならちょっと拘って豆から挽いて飲んでみたいですよね。ここでは豆から挽いて抽出までしてくれる全自動コーヒーメーカーを紹介します。

こんにちは。ぶっち(@____BUTCH)です。
作業中などに欲しくなるのが「コーヒー」です。僕もコーヒーが好きでいつも飲んでいますが、以前までは粉のコーヒーをドリップして抽出するタイプのコーヒーメーカーを使っていました。

しかし折角ならもっと美味しく飲みたいと思い、豆から挽ける全自動コーヒーメーカーを検討するようになり、実際にいくつか購入して使っています。その経験から全自動コーヒーメーカーにはどんなメリット・デメリットがあるのかや、オススメの全自動コーヒーメーカーなどをご紹介します。

コーヒーは挽きたてが一番美味しい

一般的にコーヒー豆は挽いてしまうと空気との表面積が多くなるので、より早く酸化が進み、香りが失われ酸味が出てきます。そのため香り高いコーヒーを味わいたい場合は豆の状態で購入し、飲む直前に挽くというのが一番風味を損なわずに美味しく飲める方法と言えます。

コーヒー豆を挽くには【コーヒーミル】と言う豆を挽く機械が必要になります。主に「手動式」と「電動式」がありますが、どちらも価格としては2,000円前後から購入できます。

しかし、毎回飲む前に挽くのは正直面倒・・・。そこで最近人気なのが全自動コーヒーメーカーです。この全自動コーヒーメーカーは、コーヒー豆と必要な量の水をセットしてスイッチ一つ押すだけで、豆を挽いてそのままコーヒーの抽出までしてくれるので、お手軽に挽きたてコーヒーが楽しめます。

全自動コーヒーメーカーのメリット・デメリット

今まで幾つか全自動コーヒーメーカーを使いましたが、その時に感じたメリット・デメリットを紹介します。

全自動コーヒーメーカーのメリット
  • ・挽きたての美味しいコーヒーが味わえる
  • ・スイッチ一つで豆を挽く、お湯を温める、抽出するといった作業を自動で行ってくれる

なんと言っても挽きたての美味しいコーヒーが手軽に飲めるという所が一番のメリット。豆に拘りだすとスーパーで売っている豆だけではなく、専門店でコーヒー豆を選びたくなります。コーヒーに対する愛着も増すような気がしますね。

コーヒー豆はカフェや専門店などでは200gが基本の単位で販売している事が多いです。毎日飲むよというようなコーヒー好きな方の場合、ネットで豆を購入するのもオススメです。大容量で販売されておりリーズナブルに豆の購入が出来ます。

全自動コーヒーメーカーのデメリット
  • ・本体価格が比較的高価
  • ・豆を挽く時の音は大きい
  • ・手入れは大変

デメリットとしては、まず「本体価格が比較的高い」という点が挙げられます。全自動ではないシンプルなコーヒーメーカーの場合数千円程度から購入できるのに対し、全自動コーヒーメーカーは1万円以上〜3万円くらいまでが主な価格帯となっています。

豆を挽く際には結構ガリガリと大きい音が出ます。ある程度仕方ない部分もありませんが、機種によってはかなり大きな音がします。

また豆を挽いた際にミル部分にコーヒーの粉が付着するのでお手入れは必要です。中にはお手入れが簡単な自動洗浄機能が搭載された製品もあります。

淹れたてのコーヒーが楽しめる全自動コーヒーメーカー5選

それではここからはオススメの全自動コーヒーメーカーを幾つかご紹介します。実際に自分が使った事がある製品もありますので、その製品には使った感想なども合わせてご紹介します。

siroca 全自動コーヒーメーカー SC-A221

コンパクトでスタイリッシュなデザインが特徴のsiroca全自動コーヒーメーカー「SC-A221」です。こちらの製品は全自動コーヒーメーカーの中ではかなりリーズナブルな製品で、多くの全自動コーヒーメーカーが2万円前後の中、1万円を切る価格で販売されています。

リーズナブルながらもステンレスメッシュフィルターを搭載しているので、豆の油分ごと抽出しコクのあるコーヒーを楽しめます。全自動コーヒーメーカーの入門機種としてもオススメです。

実際に使ってみた感想

現行モデルではありませんが、以前販売していた「siroca 全自動コーヒーメーカー STC-401」を実際に使っていました。その時に感じたのはステンレスフィルターならではのコクのあるコーヒーが抽出でき、味はとても満足していたものの、豆を挽く音が非常にうるさく近所迷惑にならないか心配になるレベルでした。

それと共に半年程度でステンレスメッシュフィルターに穴が空きそこから挽いたコーヒー粉が漏れてしまうなど、耐久性の弱さも気になりました。

メーカーとしてもそういった声が多かったのか、現行モデルの「SC-A221」「SC-A211」では、新ブレードを搭載し、豆を挽く際の音を軽減しているそうです。フィルターの耐久性についてはAmazonのレビューなどを読む限り、やはり穴が空いたと言った声もありましたので、慎重に使用する必要がありそうです。

siroca コーン式全自動コーヒーメーカー SC-C121

続いてもsirocaから販売されている「コーン式全自動コーヒーメーカー SC-C121」です。こちらは前述の「全自動コーヒーメーカー SC-A221」の上位機種という位置づけになっている製品で【コーン式ミル】を採用しているのが特徴です。コーン式ミルは従来の方式よりも摩擦熱が少なく、均一に豆を挽く事が可能で、香り高い美味しいコーヒーが入れられるようになりました。

また【豆の自動計量機能】があり、豆容器に予め豆を入れておくと、杯数に応じて必要なだけ自動で豆をミルに投入してくれます。より手軽にコーヒーを楽しみたいという方には嬉しい機能です。

また「SC-C121/SC-C122」では【真空二重ステンレスサーバー】を採用。これにより抽出したコーヒーが冷めにくく、淹れたての美味しさを長く楽しむことが出来ます。その分本体の保温機能が無いので、コーヒーが煮詰まることも無いのが特徴です。

パナソニック 沸騰浄水コーヒーメーカー NC-A57

コーヒーの味や本体の大きさ、手入れの手軽さや価格などトータル的に評価が高く、Amazonのコーヒーメーカー売れ筋ランキングでは常に1位の製品がこの「パナソニック 沸騰浄水コーヒーメーカー NC-A57」です。

「粗挽き」「中細挽き」2種類のフィルターを使い分けることによって、好みに応じた4種類のコーヒーが楽しめるのが特徴で、好みや気分によって味を変えることが可能です。また「水」にも着目し、活性炭フィルターを通すことによりカルキを90%もカットしてくれるなどコーヒーの味に拘る人にも嬉しい機能が搭載されています。

また、全自動コーヒーメーカーで大変なのが【ミルのお手入れ】ですが、この製品は自動的にミルを洗浄してくれる【ミル自動洗浄機能】が搭載されているので、お手入れが手軽なのが魅力。

現行モデル「NC-A57」では「デカフェ豆コース」が新たに追加され、カフェインレスコーヒーを美味しく楽しむことが出来るようになりました。妊婦の方や夜寝る前にも飲みたいなど、近年カフェインを抑えた飲料が人気です。そんな方には「デカフェ豆コース」があるこの製品がオススメです。

無印良品 豆から挽けるコーヒーメーカー

価格が30,000円を超える高価格ながら、販売当初は入手まで1ヶ月ほど待つこともあった人気の「無印良品 豆から挽けるコーヒーメーカー」です。多少無印らしさは無いような気もしますが、細身のシルエットでデザイン性が高くキッチンに置いても違和感なくマッチしてくれます。

価格が高い分機能は拘っており、コーヒー専門店でも使われている本格的な【フラットカッターミル】を採用し、豆を均一に挽くことで雑味が少なくなる上、挽く際に熱が発生しにくいためコーヒーの香りも損なわず美味しいコーヒーが抽出できます。

現在は価格も見直され24,900円で購入できるようになりました。また定期的にセールが行われており、セール時には19,900円まで値下がりするので、以前よりも購入しやすくなったのは嬉しいポイントです。

実際に使ってみた感想

こちらの「無印良品 豆から挽けるコーヒーメーカー」は現在も自宅で使っています。すっきりと雑味の少ないコーヒーを飲めるのでとても愛用しています。

デザイン的にもスタイリッシュで良いのですが
・コーヒー豆がミルに落ちていかない
・ミルの手入れが大変
・ガラスサーバーがよく割れる
・水のタンクとペーパーフィルターをセットする部分が左右別に開く
など不満点が結構あるのも事実です。

無印良品 豆から挽けるコーヒーメーカー MJ-CM1
無印良品
¥24,800 2019/10/29 15:43:08

ツインバード 全自動コーヒーメーカー CM-D457B

無印良品の家電製造元としても知られる「ツインバード工業」の全自動コーヒーメーカーです。ツインバード工業の製品は価格がリーズナブルな製品が多い中、この全自動コーヒーメーカーは3万円を超える高級機として販売されています。

実は前述の「無印良品 豆から挽けるコーヒーメーカー」もこのツインバード工業が製造を担当しています。そのノウハウを活かし、更にブラッシュアップして完成度を高めた製品がこの「ツインバード 全自動コーヒーメーカー CM-D457B」と言えます。

コーヒー界のレジェンドと呼ばれるカフェ・バッハの田口護氏の監修の元、プロのハンドドリップを再現するために何度も改良を重ねて製品で、拘りの機能が満載です。

ミル機能では拘りの【低速臼式フラットミル】を採用し、均一に豆を挽くことが出来るので雑味の少ないコーヒーの抽出が可能な上、水洗いもOKとお手入れ簡単。抽出温度は83℃と90℃の2種類から温度を選ぶことができ、豆の焙煎具合や好みによって温度が調整できるという拘る方のニーズにも応える嬉しい機能が搭載されています。

より美味しいコーヒーを手軽に

全自動コーヒーメーカーは比較的価格は高いですが、その分カフェのような本格的なコーヒーを自宅で楽しめるのが魅力です。メーカーも拘りの機能を搭載したり、有名な方の監修の元開発したりと、今後もさらに魅力的な製品が登場しそうな予感です。

この記事を書いた人
ぶっち

デジタルガジェットとパソコンとオシャレな家電が大好きなフリーランスWEBクリエイターです。普段は『MONOCHROME DESIGN』という屋号で、WordPressを使ったウェブサイト制作を行っています。

ぶっち

デジタルガジェットとパソコンとオシャレな家電が大好きなフリーランスWEBクリエイターです。

普段は『MONOCHROME DESIGN』という屋号で、WordPressを使ったウェブサイト制作を行っています。

詳しいプロフィールはこちら
お問い合わせはこちら