Apple AirPods Pro レビュー / 優れた使い勝手とノイズキャンセリングが凄い!

発売当初より各所で話題になっているAppleの完全ワイヤレスイヤホン「AirPods Pro」を購入したので、使い勝手や評判のノイズキャンセリング性能、音質などをレビューします。

こんにちは。ぶっち(@____BUTCH)です。
販売当初からかなり評判が良く、各所で売り切れが続出している「AirPods Pro」を運良く購入できましたので、実際に使ってみてどうなのかをレビューしていきます。

Appleの完全ワイヤレスイヤホン「AirPods Pro」とは

「AirPods Pro」とは、Appleが販売している完全ワイヤレスイヤホンです。現行モデル「AirPods」の上位機種として登場し、「AirPods」には無かった【アクティブノイズキャンセリング】【耐汗耐水性能(IPX4)】を搭載するなど、まさに「Pro」という名に恥じないスペックとなっています。

耐汗耐水性能(IPX4)とは
電子機器の防水・防塵性能を規格化したもので、IPX4とは「水の飛沫に対して保護」する性能を有している事を示します。具体的には多少の雨や水しぶき程度では大丈夫だけど、水の中に入れたり、浸したりするような使い方はNGとなっています。

AirPods Proのパッケージを開封

早速購入した「AirPods pro」のパッケージです。Apple製品らしいシンプルで高級感あるパッケージとなっています。

パッケージを開けるとお馴染みの「Designed by Apple in California」の文字が。この中にはマニュアル類が収められています。

マニュアルの下にはAirPods Pro本体が収納されています。

AirPods Proの同梱物

・AirPods Pro本体と充電ケース
・USB-C – Lightningケーブル
・マニュアル
・シリコン製イヤーチップ(3種類)
が同梱されています。

AirPods Proの充電ケース

AirPods Proの充電ケースです。従来のAirPods充電ケースよりも横長に形状が変更されています。
大きさは
・高さ:45.2 mm
・幅:60.6 mm
・厚さ:21.7 mm
と持ち運びやすいコンパクトなサイズです。

充電ケースのコネクタはLightning。出来ればこちらもUSB Type-Cにして欲しかったのですが、まだAppleとしてはLightningで行きたいのでしょう。

充電ケースの中にはAirPods Pro本体が収められています。

同梱ケーブルは「USB-C – Lightningケーブル」

iPhone 11 Pro/11 Pro Maxにも同梱されている「USB-C – Lightningケーブル」が同梱されています。ただiPhone 11 Pro/11 Pro Maxとは違い、電源アダプタは同梱されていないので、USB-Cに対応した電源アダプタを自分で用意する必要があります。

USB-Cの電源アダプタはAppleからも「18W USB-C電源アダプタ」として販売されていますが、個人的おすすめはAnkerの「Anker PowerPort III Nano」です。Apple純正と同じ18Wの出力ながら、超コンパクトでかつ30gと超軽量なので、持ち運びにも便利な優れた充電アダプタです。

AirPods Proのイヤーチップ

AirPods Proに同梱されているイヤーチップです。本体には予め「Mサイズ」が装着されており、耳の大きさに合わせて「Sサイズ」「Lサイズ」への変更が可能となっています。

また、このイヤーチップは独特の構造になっており一般的に売られているものと互換性はありません。そのため紛失した場合はAppleStoreで手に入れるしか無さそうです。米国では4ドルで販売されるとの事なので、日本でもそのうち500円前後で購入できるのではないかと思います。

AirPods Proの重量

AirPods Proの重さを実際に測ってみます。

本体と充電ケースの総重量

AirPods Pro本体(左右)と充電ケースを合わせた総重量は56.6gでした。それほど重くないのでカバンの中に忍ばせておいても負担にならないと思います。

AirPods Pro本体の重量

AirPods Pro本体は片方で5.5g、両方で11.0gでした。他メーカーの完全ワイヤレスイヤホンと比較してみましたが、軽い方ではないかと思います。

AirPods Proを装着

AirPods Pro本体を充電ケースから取り出し、耳に付けてみます。

本体のデザインはこのような形。以前までのAirPodsは胴体部分がかなり長く【耳からうどん】と揶揄されていましたが「AirPods Pro」はうどん感がかなり軽減されています。

今回は一部ではドライヤーと呼ばれていますが、確かにドライヤーの様にも見えます。

裏側にはくぼみがあり、ここを押すことでノイズキャンセリング動作の切り替えが可能となっています。

試しに耳に装着してみました。まだ耳から垂れる形状なものの、AirPodsのような【うどん感】が少なくデザイン的には改善されたと言っていいでしょう。

iPhoneとペアリング

iPhoneとの接続は驚くほど簡単

AirPods Proの充電ケースを開けると自動的にiPhone側でポップアップ表示がされ、少し選択するだけでペアリングが完了してしまいました。ペアリング完了後はiPhoneのコントロールセンターにあるミュージック音量部分にAirPods Proのアイコンが表示され、ペアリング出来ている事が分かります。

AirPods Proはノイズキャンセリングが凄い

購入する前より”AirPods Proはノイズキャンセリングが凄い”というレビューは目にしていましたが、実際に使ってみると本当に噂通りノイズキャンセリング性能はかなり高いと感じました。

耳に装着した瞬間から街中の喧騒や車の音などのノイズがスーッと消え、静寂に包まれます。余計なノイズが消えるので音楽再生時にもそれほど音量を上げずとも音楽が楽しめます。

僕は実際に付けて街中を歩いてみましたが、ノイズキャンセリング性能が高いため、後ろから来る車の音に気づかないという事がありました。高性能な反面、使用時には少し注意が必要かなと思います。

AirPods Proは外部音取り込みモードも凄い

周囲の音に気をつけなければいけない環境の場合【外部音取り込みモード】が便利です。AirPods Proの軸部分にある感圧センサーを長押しするとモードが切り替わり、外部の音を取り込んでくれます。

この【外部音取り込みモード】もかなり凄く、この手の外部音を取り込んでくれる機能は他のイヤホンにも搭載されていますが、そこから聞こえる音は加工されたあまり自然な音では無い事が多いです。その点「AirPods Pro」の外部音取り込みモードで聞こえる音はイヤホンを付けていない時と同じ様な違和感の少ない自然な音が聞こえてきます。

ノイズキャンセリングヘッドホン・イヤホンは、いかにノイズを消すかという点に力点を置いて開発されていますが「外部の音を自然に取り込む」という視点を持っているメーカーはApple以外には見当たらないような気がします。

AirPods Proの音質

気になるAirPods Proの音質についてチェックしてきます。どうやらAirPods Proは専用に設計された高偏位で歪みの少ないスピーカードライバを採用し、AirPodsよりも音質が向上しているらしいです。残念ながら手元にAirPodsが無いので、新旧の音比較は出来ませんが、以前まで使っていたイヤホンと比較してみました。

音質に関しては好みが強く影響しますし、僕はオーディオのプロでも無いので、あくまで個人的に感じた感想・・・という形で捉えて頂ければと思います。

以前まで使っていたのは、ヘッドホンなどでも有名なオーディオメーカーゼンハイザーの「IE80」というイヤホンで、数年前に購入してからずっと使い続けています。ノイズキャンセリングなどの機能はありませんが、音質調整機能を搭載しており好みに合わせて低音をコントロールする機能が付いています。価格は確か3万円くらいで、AirPods Proと同じかそれ以上の価格で購入しています。

AirPods ProとIE80を聴き比べると…

まず「AirPods Pro」の音質はかなり良いと思いました。昔iPhoneに付属されていたイヤホンを使ったときにはあまり音が良くなかったので、正直Appleのオーディオ製品にはあまり期待していなかったのですが、良い意味で見事に裏切られた気分です。全体的にクリアでバランスも良くオーディオに拘る人で無ければ音が悪いと思う人はあまりいないのでは無いかと思うくらいの完成度です。

しかし、絶対的な音質という点ではやはり「IE80」に軍配が上がるかなと思いました。「IE80」は全体的に「AirPods Pro」よりも更に情報量が多く一段回上のクオリティと感じます。またIE80の特徴として低音がかなり出ているのですが、ドンシャリとは違い上質な低音が響いているといった印象を受けます。

AirPods Proの総評

最高峰というわけではありませんが必要十分で納得できる音質と、iPhoneとの親和性やノイズキャンセリング性能の高さ、外部音取り込みモードの秀逸さ、本体の軽さなどトータル面で考えると「AirPods Pro」は買って良かったと思わせてくれる製品です。

価格自体は3万円近くするので安い買い物ではありませんがその分満足する結果が得られると思います。

Apple(アップル)
¥30,580 (2020/06/03 07:05:57時点 Amazon調べ-詳細)

MacやWindows10でAirPodsProを使う方法

AirPodsProはiPhoneだけでなく、MacやWindows10でも快適に使うことが出来ます。詳しくは以下の記事をご参照ください。

この記事を書いた人
ぶっち

デジタルガジェットとパソコンとオシャレな家電が大好きなフリーランスWEBクリエイターです。普段は『MONOCHROME DESIGN』という屋号で、WordPressを使ったウェブサイト制作を行っています。

ぶっち

デジタルガジェットとパソコンとオシャレな家電が大好きなフリーランスWEBクリエイターです。

普段は『MONOCHROME DESIGN』という屋号で、WordPressを使ったウェブサイト制作を行っています。

詳しいプロフィールはこちら
お問い合わせはこちら