ESR Protective AirPods Cover レビュー / AirPodsProをしっかりと守ってくれるシリコンケースカバー。デザインもシンプルで良い

AirPodsProの充電ケースは白く綺麗ですが、傷が付きやすく無造作にカバンやポケットの中に入れておくと細かいキズがついてしまいます。そこで便利なのが「シリコンカバーケース」。AirPodsPro充電ケースを守ってくれるスグレモノです。

先日AirPodsProを購入しました。出歩くときは常に持ち歩いているほど気に入っています。

しかしこのAirPodsProの充電ケース。こちらはApple製品らしく上質でつるつるのデザインですが、傷が付きやすいと言われています。AirPodsPro充電ケースはポケットやカバンの中に入れて持ち運ぶことが多いと思いますが、一緒にカギなど硬いものが入っていると充電ケース本体が傷だらけになるそうです。

AirPodsProは安価なものでは無いので折角ならずっと綺麗に使いたい所。そこでAirPodsProの充電ケースに取り付けられるシリコン製のケースカバーを購入しました。今回購入したのは【ESR Protective AirPods Cover】です。

「ESR Protective AirPods Cover」とは

スマートフォン関連の保護ケースや液晶保護フィルムなどを数多く手掛ける「ESR」から販売されている、シリコン製のAirPodsPro用ケースカバーです。

ESR製のシリコンケースカバーは何種類か販売されており、カラビナ付きの製品もありますが、Amazonなどのレビューを見てみるとカラビナ付きのものはAirPodsProを開閉するたびにカバーが外れてしまうという声が多く、レビューの結果も散々でした。

その点、このカラビナが付いていない超薄型の方は概ね評価も良く、個人的にカラビナを必要としていなかったこともあり、超薄型タイプの方を購入しました。

「ESR Protective AirPods Cover」を開封

届いた「ESR Protective AirPods Cover」を開封していきます。

パッケージはまさに中華製品といった感じ。背面の100%シールはESRの全ての製品には【100%満足保証】が付いており、製品に満足できなかった場合は、交換・もしくは返品の対応をしてくれるという証だそうです。

「ESR Protective AirPods Cover」の中身

中にはシリコンケース本体が入っているのみの簡素なもの。

「ESR Protective AirPods Cover」本体

「ESR Protective AirPods Cover」本体を見ていきます。本体はシリコン製で厚みはかなり薄いので、AirPodsPro充電ケースに装着しても分厚くなるということはありません。

色展開は今回購入した【白】の他【イエロー】【グレー】【ピンク】【ブラック】【パパイヤ】【パープル】と、全7色展開となっており、好みに合わせて選ぶことができます。

「ESR Protective AirPods Cover」のLightning端子カバー

個人的にはLightning端子までカバーできるものが欲しかったので、この製品を選んだという所があります。しっかりとカバーされているのは良いですね。

ESR Protective AirPods Coverの重量

「ESR Protective AirPods Cover」自体の重量は実測で6.7g。非常に軽いのでAirPodsProに装着しても持ち運びやすさに影響は無いと思います。

AirPodsProに「ESR Protective AirPods Cover」を装着

実際にAirPodsProに「ESR Protective AirPods Cover」を取り付けていきます。

「ESR Protective AirPods Cover」は、フタ部分と本体部分が上下分離しているタイプなので、それぞれAirPodsProに装着していきます。装着の仕方は単純に被せるだけです。

「ESR Protective AirPods Cover」を装着してみた様子です。フタ部分のシリコンの位置合わせが難しく、この写真では多少ずれていますが、この後位置調整をして目立たなくしました。

Lightning端子部分。しっかりとカバーで覆われており、傷も付きにくそうで安心です。

「ESR Protective AirPods Cover」を装着した状態でもLEDランプは問題なく確認できます。

AirPodsProを開けた時の様子。しっかりとフィットしています。ESR製カラビナ付きのカバーだと上蓋部分のカバーだけ取れてしまうというレビューが多く見られましたが、何度開け閉めズレることも無くしっかりと付いています。

背面の様子です。ワイヤレス充電に対応するためなのか、ヒンジ部分は大きく開いています。この部分は傷が付いてしまいそうなので残念。ギリギリまでカバーしてほしかったなと思います。

「ESR Protective AirPods Cover」のメリット・デメリットまとめ

実際に装着してみて思ったメリット・デメリットなどをまとめます。

メリット
  • ・カバーのロゴが目立たず、AirPodsProのデザインを邪魔しない
  • ・超薄型で軽く、付けても邪魔にならない
  • ・Lightning端子部分までしっかりとカバーしてくれる
  • ・しっかりとフィットし、開け閉めしてもズレたり取れたりしない

超薄型でロゴも目立っていないので、AirPodsPro自体のデザインを邪魔しない点は良いと感じています。また、Lightning端子部分までしっかりとカバーしてくれているのは嬉しいポイントです。

デメリット
  • ・背面ヒンジ部分のカバーできていない領域が大きい
  • ・カラビナが付いていない(人による)

背面にあるヒンジ部分が結構大きく開いており、この部分が傷つかないか少し心配になります。またこの製品はカラビナ付きではないので、人によっては使いにくいかもしれません。

全体的に見ると個人的には概ね満足しています。価格もそこまで高くないですし、シリコンの触り心地も悪くない。開け閉めでズレることもないので、とりあえずはこれを使い続けようかなと思っています。

この記事を書いた人
ぶっち

デジタルガジェットとパソコンとオシャレな家電が大好きなフリーランスWEBクリエイターです。普段は『MONOCHROME DESIGN』という屋号で、WordPressを使ったウェブサイト制作を行っています。