スリーコインズ ネックスピーカー レビュー / 3COINS(スリコ)のウェアラブルスピーカー!

雑貨だけではなく、最近ではモバイルバッテリーなどデジタルガジェット系にも力を入れている3COINS。今回見つけたのは、なんと肩掛けネックスピーカー!
実際に購入してみたので、使い勝手や音質などをレビューしていきます。

肩掛けネックスピーカーとは

【肩掛けスピーカー】や、【ウェアラブルスピーカー】とも呼ばれますが、首の後ろを回し、肩の上に乗せて使うスピーカーです。

ボックス型スピーカーの様に設置場所を気にすることが無い点や、イヤホンやヘッドフォンの様に耳を塞ぐ事が無いので、周囲の音を聞きながらも音楽鑑賞が楽しめるなどの利点があります。

以前SONYのネックスピーカーが「アメトーーク!」で紹介され、しばらく販売中止になるほどの人気でした。その後はSONY以外にも色んなメーカーから販売され、スピーカーの新たなジャンルを築いています。

3COINS肩掛けネックスピーカー「NECK WIRELESS SPEAKER」

そんな肩掛けネックスピーカーですが、なんと3COINSから発売されるということで話題になっています。最大の特徴はなんと言ってもやはり価格。通常SONYやBOSEなどの有名メーカーであれば、2万円前後で販売されており、他メーカーの安い製品でも1万円はするのがネックスピーカー。

しかし3COINSのネックスピーカーはなんと税込2,200円!あり得ないほど安いという事が分かります。

3COINS肩掛けネックスピーカーのパッケージ

パッケージはこのような感じでシンプル。結構大きいので店舗に行けばすぐ見つける事が出来ると思います。

パッケージ裏面には仕様などが記載されています。

Bluetooth接続して、ワイヤレススピーカーとして使用する方法の他に、TFカード(MicroSD)やUSBフラッシュメモリ内にある音楽ファイル(MP3)の再生にも対応します。また、通話対応もしており、マイクも搭載しているのでスマートフォンと接続してハンズフリー通話をすることが可能です。

本体仕様
サイズ約230×195×30mm
Bluetooth5.0
接続距離約10m
バッテリーリチウム電池1200mAh
使用時間4時間

本体の仕様としては上記の通り。他メーカーの製品では連続再生時間が20時間を超える製品もあるので、使用時間が4時間というのはかなり短め。

3COINS肩掛けネックスピーカーの同梱物

パッケージを開封してみると3COINS肩掛けネックスピーカー本体が出てきます。

本体下には、簡単なマニュアルと充電用のUSBケーブルが同梱されていました。

付属のUSBケーブルは、マイクロUSB。長さは50cmです。早く世の中のデバイスが全てUSB Type-Cに統一されないかと日々祈り続けています。

3COINS肩掛けネックスピーカー本体

本体の色は黒。1色展開で、黒しかありません。

本体右側に操作ボタンがまとまっています。

  1. 再生/停止
    応答/通話中終了
    2回短押し:コールバック(通話履歴の最新の番号に電話)
  2. 短押し:曲送り
    長押し:音量上げる
  3. 短押し:曲戻し
    長押し:音量下げる
  4. TFカード、Bluetooth、USBドライブへの切り替え

全体的なデザインとしてはシンプルで良いのですが、この操作ボタン部分がデザイン的にはあまり良くないように感じます。他メーカーの製品だとボタン類は内側か外側の目立たない位置にあるので、なんでこんな目立つようにしたのか疑問です。

インターフェース周りです。

  1. TFカード(MicroSD)スロット
  2. USBポート
  3. 充電ポート
  4. AUXポート
  5. 電源スイッチ

インターフェース周りはやけに充実しており、TFカード(MicroSD)スロットや、USBフラッシュメモリに入っているMP3が再生出来たりします。今時MP3ファイルをUSBフラッシュメモリやSDカードにに入れて再生している人なんて居るのかはかなり謎ですが・・・。

個人的には操作ボタン類をこの辺りに配置すればもっとデザイン的にもスッキリして良いと思います。

電源が入っている時はLEDランプが青く点滅します。

本体重量は実測で232.4g。ネックスピーカーとしては一般的な重量。なお、他メーカーのネックスピーカーは軽いものだと100gを切る製品や、重いものだと300gほどの製品もあります。

3COINS肩掛けネックスピーカーを使ってみる

それでは、実際にiPhoneと接続して使ってみます。

まずはBluetoothでペアリング。3COINS肩掛けネックスピーカーは「RISE MUSIC」というデバイス名なので、これを選択してペアリングします。ピンポン!という音と共にペアリングが完了。これだけで音楽が再生されます。

実際に付けてみた様子です。この製品は本体が固くほぼ広がりません。そのため着脱に結構苦労します。首が太い人だとかなり付けるのが大変なのでは無いでしょうか・・・。

3COINS肩掛けネックスピーカーの音質は?

音質に関しては完全に主観ですが、その上で評価すると「残念ながら数百円程度の安物スピーカーと同じか多少良いくらいで、音楽鑑賞を満足に楽しめるレベルでは無い」と感じました。

有名メーカーのネックスピーカーも試聴した事がありますが、その際は音楽鑑賞としても十分使えるくらい音質が良く、低音などもしっかりと出ていましたが、それと比較すると全体的に音が軽く、低音の迫力はありません。なので音楽鑑賞には向かず、テレビやラジオなどを何か作業しながら聴く・・・という使い方が一番向いている様な気がします。

音の左右バランスがおかしい?

音質もさることながら、一番気になったのはスピーカーの左右バランスがおかしいという点です。このネックスピーカは右側(操作ボタンがある側)のスピーカーからの出力が大きく、左側が小さいので、片方からしか音が出ていないような感覚になり非常に気持ち悪いです。

他メーカーの製品はちゃんと左右バランス良く、耳から頭の後ろにかけて広がるような感じで音が鳴りますが、それと比較するとかなり厳しいと言わざるを得ません。

3COINS肩掛けネックスピーカーはゲーム用に使えるか?

スマートフォンと接続し、いくつかゲームをプレイしてみましたが、遅延が大きくあまりゲーム向きとは言えませんでした。特に音ゲーのようなタイミングが大事なアプリで使うには適さないと思います。

3COINS肩掛けネックスピーカーの総評

価格が2,200円と激安ですが、個人的にはあまりオススメ出来ません。やはり最大のネックは「音の左右バランスがおかしい」点と、「安っぽく軽い音質」なのがかなり残念な所。

価格が価格なので仕方ないとは思いますが、ハンズフリー機能や余計なUSBフラッシュメモリスロットなどを全て取り除き、その分のコストを音質改善の方に回して、「とにかくシンプルでそれなりに良い音で聴ける」。みたいな方向性になればもう少し製品としての魅力も出てくるのではないでしょうか。

SONYやJBL、BOSEなどのオーディオメーカーから販売されているネックスピーカーは価格が高いだけあって流石に良い音質です。

この記事を書いた人
ぶっち

デジタルガジェットとパソコンとオシャレな家電が大好きなフリーランスWEBクリエイターです。普段は『MONOCHROME DESIGN』という屋号で、WordPressを使ったウェブサイト制作を行っています。

ぶっち

デジタルガジェットとパソコンとオシャレな家電が大好きなフリーランスWEBクリエイターです。

普段は『MONOCHROME DESIGN』という屋号で、WordPressを使ったウェブサイト制作を行っています。

詳しいプロフィールはこちら
お問い合わせはこちら