300円で可愛い雑貨やオシャレなグッズを販売している3COINS(スリーコインズ)。最近はスマートフォン関連のグッズが充実してきています。そんな中でも話題となっているのが「ワイヤレスイヤホン」

通常、ワイヤレスイヤホンというものは、どんなに安くても5,000円程度はするものですが、なんと3COINSのワイヤレスイヤホンは税込1,650円という驚きの価格で販売されています。

僕も実際に3COINSのワイヤレスイヤホンを購入してみました。この製品は、

  • 完全ワイヤレスイヤホンなのに価格が1,650円と激安
  • 安いのに意外にもデザインは良い
  • 音質は価格相応。用途によっては必要十分

といった特徴があります。実際に使ってみて感じた事を詳細にレビューしていきます。

3COINS ワイヤレスイヤホンとは

300円でオシャレな雑貨や便利なグッズを購入することが出来る3COINSより販売されている完全ワイヤレスイヤホンです。販売当初からSNSなどで話題となっており、店舗では売り切れが続出しました。

最近ではテレビでも取り上げられる事が多く、再入荷の度に飛ぶように売れていく大人気商品です。

その人気の理由はズバリ価格。

完全ワイヤレスイヤホンでありながら、税込1,650円というちょっと信じられない価格で販売されています。完全ワイヤレスイヤホンは様々なメーカーから販売されていますが、安くても数千円程度するなかで、税込1,650円はあまり聞いたことがない価格設定です。

完全ワイヤレスイヤホンとは?

そもそも「完全ワイヤレスイヤホン」って何か?というと、ケーブルが全く無く、Bluetooth接続によって、スマートフォンや音楽プレーヤーと接続するタイプのイヤホンです。

有名な所では、Appleの『AirPods』やSONYの『WF-1000XM3』などがあり、現在イヤホン市場で最も人気のあるジャンルのイヤホンです。

3COINS ワイヤレスイヤホンの種類

3COINSのワイヤレスイヤホンは、

  • インナーイヤー型
  • カナル型

の2種類が販売されています。(どちらとも価格は税込1,650円)。

インナーイヤー型

「インナーイヤー型」とは、昔からある形のイヤホンで、耳のふちに引っ掛けて装着するようなタイプのイヤホン。付けやすく、違和感や疲労感を感じにくいのが特徴。

カナル型

「カナル型」は、耳栓のような形をしており、耳の穴を塞ぐ形で取り付けます。耳栓のような形状なので、音漏れが少なく、外の音も入りにくいので、音楽に集中できるのが特徴です。

どちらを選ぶかは、好みによるところが大きいですが、たまたま3COINSで売っていたのが「インナーイヤー型」だったので、インナーイヤー型のレビューをしていきます。

3COINS ワイヤレスイヤホンのスペック

3COINS 完全ワイヤレスイヤホン
Bluetooth
バージョン 5.0
プロファイル A2DP
AVRCP
HFP
HSP
コーデック SBC
接続距離 約10m
連続再生時間 イヤホン単体 約5時間
ケース充電込み 約40時間(ケース充電7回分)
バッテリー容量 イヤホン 30mAh
充電ケース 300mAh
充電時間 イヤホン 約1時間
充電ケース 約1時間
充電端子 MicroUSB
サイズ イヤホン 約42×17×17mm
充電ケース 約70×45×23mm
重量 イヤホン 4g
充電ケース 32g
その他 ノイズキャンセリング ×
防水 ×
材質 ABS
価格 1,650円(税込み)

3COINS ワイヤレスイヤホン』のスペックは上記の通り。

連続再生時間は5時間で、ケース充電が7回分ということなので、合わせて最大40時間という事になります。この再生時間は他のメーカー製ワイヤレスイヤホンと比較しても優秀な部類です。

スペックで1点気になるのは、対応コーデックが「SBC」のみという所。
コーデックとは、音を圧縮する方式の事で使うコーデックによって音質と遅延に影響があります。

3COINS ワイヤレスイヤホン』で対応している「SBC」というコーデックは、Bluetooth接続において最も基本的なコーデックであり、一般的にはあまり音質が良いとは言われていません。

iPhoneなら「AAC」、Androidなら「aptX」「aptX HD」「LDAC」などの高音質・低遅延を特徴としているコーデックに対応している方が音質面では有利と言えますが、1,650円でそれを求めるのは酷かもしれません。

3COINS ワイヤレスイヤホンのパッケージや付属品

それでは、『3COINS ワイヤレスイヤホン』のパッケージや付属品を見ていきます。

パッケージ

3COINSワイヤレスイヤホンパッケージ

パッケージデザインは【3COINS DEVICE】シリーズ共通の、白と黒を基調としたパッケージとなっています。

3COINSワイヤレスイヤホンパッケージ裏面

パッケージ背面には、製品の特徴や細かい仕様などが記載されています。

付属品

3COINSワイヤレスイヤホンの付属品

同梱物は、

  • ワイヤレスイヤホン本体と充電ケース 1台
  • 充電用MicroUSBケーブル 1本
  • 取扱説明書兼保証書

となっています。

3COINS ワイヤレスイヤホンの充電ケース

まずは、『3COINS ワイヤレスイヤホン』本体を収納しておく充電ケースから詳しく見ていきます。

3COINSワイヤレスイヤホンの充電ケース

充電ケースは白く、光沢があるプラスチックの素材となっております。手触りはツルッとしている上に、角が丸くなっていることがあり、持った感じちょっと滑って落としそうだなと思いました。

ただ、デザイン的には価格の割にあまり安っぽく感じず、Appleの『AirPods』シリーズとよく似ています。

3COINSワイヤレスイヤホン充電ケース裏面

充電ケース背面には、「モデルナンバー」や「バッテリー容量」などの記載があります。

一応、技適マークやPSEマークが付いているので、電波法や電気用品安全法はクリアしていることになります。製造元は【3COINS DEVICE】シリーズではお馴染みの「コーリュウ株式会社」。製造は中国でされています。

3COINSワイヤレスイヤホン充電ケース充電端子

充電ケース側面には、充電用のマイクロUSB端子があります。最近の完全ワイヤレスイヤホンではUSB-Cを採用している製品も増えている中、この点はマイナスポイントですね。

ワイヤレスイヤホン本体を収納した状態での総重量は実測で40.2g。

ワイヤレスイヤホンとしては、かなり軽い部類に入ると思います。なお、参考までに僕が持っているAppleの『AirPods Pro』の場合は、イヤホンを含めた総重量が56.6gだったので、それよりも軽いという事が分かります。

ワイヤレスイヤホンは充電ケースごと持ち運ぶものなので、重量が軽いというのはメリットと言えますね。

充電ケースを開くと、イヤホン本体が収納されています。

イヤホン本体をこの充電ケースに収納することによって、自動的にイヤホン本体が充電される仕組みとなっています。イヤホン単体では連続再生は5時間程度ですが、この充電ケースから最大7回分充電できるので、それらを含めると約40時間もの長時間再生が可能となっています。

充電ケース下部にある緑色のLEDは、充電ケース自体のバッテリー残量を示しています。

●●●●:76-100%
○●●●:51-75%
○○●●:26-50%
○○○●:1-25%

上記のようになっており、LEDランプの点灯個数によって電池残量の目安が分かります。

充電ケースにイヤホン本体を収納する時に感じたのですが、充電ケースには「R」「L」の表記があり、イヤホン本体を収納する場所が決まっています。

ですが、充電ケースを見る限り「R」と「L」の表記が分かりづらく、どちらに収納すれば良いか一瞬迷うことがありました。もう少し分かりやすい表記にするなどの工夫が欲しい所です。

3COINS ワイヤレスイヤホン本体

それでは、『3COINS ワイヤレスイヤホン』本体のデザインを見ていきます。

イヤホン本体の形状やデザインは、全体的にAppleの『AirPods』によく似ています。

こうやってみるとかなりAppleの『AirPods』に似ており、意識してデザインされている事が分かります。

『AirPods』同様、伸びた本体部分を押し込む事により、「音楽再生/停止」「音量調節」「曲送り/戻し」などの操作が出来ます。

イヤホン本体の重量は左右合わせて実測で7.4g。

充電ケースを触っている時から感じていた事ですが、やはりかなり軽いです。

こんなに軽くて大丈夫なのか・・・?という若干の不安もありますが、本体が軽いと耳への負担も少ないので、一概に悪いとは言えませんね。

3COINS ワイヤレスイヤホンを使ってみます

それでは、実際に『3COINS ワイヤレスイヤホン』を使ってみます。

スマートフォンと接続(ペアリング)

まず最初にスマートフォンと『3COINS ワイヤレスイヤホン』をペアリングして接続します。ワイヤレスイヤホンは、充電ケースから本体を取り出すと、自動的に電源がONになる仕組みとなっています。

電源がONの状態で、接続したいデバイスから「AIR MUSIC」というデバイスを探します。

今回はiPhone8にて接続してみます。

「設定 > Bluetooth」に進むと、「AIR MUSIC」が表示されているので、タップして接続します。無事接続が完了すると、「接続済み」となり使用可能となります。

なお、一度ペアリングしてしまえば次回からはイヤホンを充電ケースから取り出すだけで自動的に接続してくれます。

実際に付けてみた様子

実際に耳に付けてみた様子がこちら。Appleの『AirPods』も【耳からうどん】と揶揄されたものですが、『3COINS ワイヤレスイヤホン』も同様に、耳からうどん感が強く付けていると結構目立ちます。

最近はワイヤレスイヤホンを付けている方も多くなってきた為、外で付けていてもそれほど目立つことも無くなってきましたが、デザイン的には好みが分かれる所。

個人的にはあまりこの様な耳からうどんデザインはあまり好きでは無いので、デザイン的にはカナル型の方が良かったかもしれません。

ただ、本体が軽いためか付け心地自体は決して悪くなく、耳への負担も少ないように感じました。

3COINS ワイヤレスイヤホンの接続安定性

使ってみて感じたのですが、『3COINS ワイヤレスイヤホン』は、Bluetooth接続があまり安定していない様に思います。

最初にペアリングする際も、上手く行かない事が何回かあって、ON/OFFを繰り返したり、iPhoneのBluetoothを切ったりするなど、試行錯誤する必要がありました。

また、曲を聞いている最中も何度か途切れる事があった上に、駅前など人の多い所では結構ブチブチと途切れることがありました。

接続の安定性という点では、あまり良いとは言えないのが正直な印象です。

3COINS ワイヤレスイヤホンの音質

音質は主観ですので、あくまで僕が感じた感想という事で予めご了承ください。

いくつか音楽を聞いてみましたが、全体的に音がこもっているように聴こえ、特に中高音域のクリアさが無いように感じました。

個人的には中高音域の抜けが良いイヤホンが好きなので、このイヤホンを使って音楽を聴こうとは思いません。ただ、イコライザとかで調整が出来るのであれば、もう少しマシになるかなとは思います。

一方で、音質をあまり重視しないradikoの様なラジオやテレビ、Youtubeを見るといった程度であれば、使えそうだと思いました。

例えば家事をしながらYoutube動画を見るという程度であれば、十分に使えそうです。

音量が大きい

また、気になったのは音量が大きいという点です。一番小さい音量にしても結構うるさく聞こえます。もう少し調整できれば良いのになと思いました。

3COINS ワイヤレスイヤホンをゲーム用として使うのはどうか?

いくつかスマートフォンのゲームをプレイしてみましたが、遅延が結構目立ちました。

採用しているコーデックが「SBC」というBluetoothの最も基本的なコーデックなので、遅延が大きいのは仕方ないといった所でしょうか。

特に、いわゆる「音ゲー」の様なジャンルのゲームの場合、遅延が大きい『3COINS ワイヤレスイヤホン』は適していないと言わざるを得ません。

ゲーム用途としてワイヤレスイヤホンを使いたい場合は、「低遅延モード」を搭載したゲーミング向けの製品や、「aptX LL」の様な低遅延を売りにしたコーデックが使える製品を選んだほうが良いと思います。

3COINS ワイヤレスイヤホンの口コミ

SNSでも話題の『3COINS ワイヤレスイヤホン』。Twitterで呟いている方の意見を幾つかピックアップしていきます。

意見は様々でしたが、ザックリとまとめると、

  • 音質はそれなり。音楽鑑賞じゃない場合は十分に使える
  • 安いので、無くしてもダメージが少ない
  • 最小音量にしても音が大きい
  • 接続が切れやすい

といった意見が多くありました。

良い評価、悪い評価それぞれありましたが、「この値段だったら十分」といった評価が多いような気がします。

3COINS ワイヤレスイヤホンのまとめ

3COINSワイヤレスイヤホン
  • 3COINS ワイヤレスイヤホンの良い点
  • ・価格が税込1,650円とワイヤレスイヤホンとしては破格
  • ・全体的なデザインはそれなりに良い
  • ・本体が軽いので付け心地は悪くない
  • 3COINS ワイヤレスイヤホンのイマイチな点
  • ・接続が安定せずブチブチ切れる
  • ・音質は良くない
  • ・遅延が致命的でゲームには向かない

完全ワイヤレスイヤホンで税込1,650円という破格な『3COINS ワイヤレスイヤホン』。

使ってみた感想としては、

音楽観賞用としては正直厳しい。だけど、ラジオやYoutube動画を見るくらいなら結構使える

と感じました。デザインもそれほど悪くなく、本体の軽さや連続使用時間も他メーカーと比較しても悪くないので、割り切れば悪い製品では無いように感じます。

「完全ワイヤレスイヤホン」がどういうものなのか、を体験する入門用としても良さそう。

しかし、安さゆえかBluetooth接続が安定せず、特に人の多い所では途切れてしまう事に加え、音楽鑑賞やゲームでは、曇った音や遅延がネックになってくるなど、不満点が結構あるのも事実。

その辺りを割り切った上で使うなら、コスパ的には最強クラスなイヤホンと言えます。

姉妹ブランドASOKOでは、グリーンやグレーといったカラーも展開

3COINS ワイヤレスイヤホン』の本体カラーは「ホワイト」と「ブラック」の2色展開ですが、3COINSの姉妹ブランドである「ASOKO」では、「グリーン」や「グレー」といったくすみカラーのワイヤレスイヤホンを展開しています。

現在は「カナル型」しかカラー展開は無いようですが、3COINSとはちょっと違った色のイヤホンが欲しい方は要チェックです。

3COINS ワイヤレスイヤホンでは物足りない方にオススメの低価格ワイヤレスイヤホン

「完全ワイヤレスイヤホン」というジャンルは、様々なメーカーから製品が出てきており、価格も安いものは数千円、高いものは数万円ほどします。ただ、やはりある程度機能や音質に満足できる製品が欲しい場合、やはり5,000円くらいの予算は欲しい所です。

ここでは、主に5,000円前後くらいの予算でオススメできるワイヤレスイヤホンを幾つかご紹介します。

Anker Soundcore Liverty Neo 2

5,000円くらいの予算で完全ワイヤレスイヤホンを選ぼうと思ったら、まずモバイルバッテリーなどで有名な「Anker」の製品が選択肢としてあがってきます。その中でも『Anker Soundcore Liverty Neo 2』は、有力な候補かなと思います。

こちらは、5,000円以下で購入できるのに、「ワイヤレス充電対応」「IPX7の強力な防水」「最大40時間音楽再生」「専用アプリにより音質の調整が可能」と、盛りだくさんの機能を備えた完全ワイヤレスイヤホンです。

こちらの前モデルである『Anker Soundcore Liberty Neo』を持っており、レビューもしていますので、よろしければご覧ください。

EarFun Free Pro

5,999円という価格ながら「ワイヤレス充電対応」「アクティブノイズキャンセリング」「外音取り込み」「低遅延モード」など、高価格帯の製品にしか付いていない機能を搭載した『EarFun Free Pro』なんかもオススメです。

この価格でノイズキャンセリング付いているって、ちょっと信じられません。また、Amazonなんかではセール時やクーポンを使う事により、5,000円以下で購入できるタイミングもあるので、そうなると恐ろしいコスパになるので要注目です。

公開日:
更新日:
この記事を書いた人
プロフィール画像

デジタルガジェットとパソコンとオシャレな家電が大好きなフリーランスWEBクリエイターです。普段は『MONOCHROME DESIGN』という屋号で、WordPressを使ったウェブサイト制作を行っています。

COMMENT
コメント