スリーコインズ 完全ワイヤレスイヤホン レビュー / 3COINS(スリコ)の完全ワイヤレスイヤホン!用途を選べば十分に使えます

最近オーディオ系のデバイスが充実している3COINSより、完全ワイヤレスイヤホンが販売されていたので、実際に購入してみました。

完全ワイヤレスイヤホンとは?

Bluetoothでスマートフォンやその他音楽プレイヤーと接続して、ケーブルが全くないタイプのイヤホンです。Appleの「AirPods」やSONYの「WF-1000XM3」など様々なメーカーから販売されており、イヤホン市場で今最も人気のジャンルと言えます。

僕も先日Appleの「AirPodsPro」を購入し、その使い勝手の良さや優れた音質で、現在も愛用しています。

そんな完全ワイヤレスイヤホンですが、3COINSでも販売されました。価格の方は税込1,650円!完全ワイヤレスイヤホンとしてはかなり破格な価格設定です。

3COINS完全ワイヤレスイヤホンのパッケージ

パッケージを見ていきます。連続再生は約5時間、ケース充電は7回分という記載がされています。
連続再生時間は他メーカーのワイヤレスイヤホンも大体4〜5時間程度なので、短くはありません。

パッケージ裏面には特徴と仕様が記載されています。

3COINS完全ワイヤレスイヤホンの同梱物

同梱物としては、
・ワイヤレスイヤホン本体
・充電用USBケーブル
・説明書
となっています。

このワイヤレスイヤホンの詳細なスペックは写真の通りです。対応コーデックはSBCのみで、AACは非対応となっています。

3COINS完全ワイヤレスイヤホン充電ケース

3COINS完全ワイヤレスイヤホン本体を見ていきます。本体はAppleの「AirPods」と良く似た質感で、白くツルッとしています。意外にも質感は良く、ぱっと見た印象ではそれほど安っぽく感じません。

裏面には電源仕様などが記載されています。製造元は3COINSのデジタルデバイスでお馴染み「コーリュウ株式会社」。中国で製造されています。

充電ケースのバッテリー容量は300mAh。ちなみに、AirPodsProの充電ケースバッテリー容量は519mAhです。

充電ケース側面には、バッテリー充電用のマイクロUSB端子があります。充電中は端子横にあるLEDランプが赤く光って状態を示してくれます。

3COINS完全ワイヤレスイヤホンの重量

本体と充電ケース込みの総重量は実測で40.2gとなっています。

参考までに「AirPodsPro」は充電ケース込みの総重量が56.6gだったので、3COINSのワイヤレスイヤホンはそれよりも軽いということになります。

3COINS完全ワイヤレスイヤホンの本体

充電ケースを開けるとワイヤレスイヤホン本体が収納されています。写真では分かりづらいですが、ケースには「R」と「L」の表記がしてあり、収納する場所が決まっています。下側が「R」を収納する場所なのですが、ぱっと見た限り「R」が下を指しているのか、右を指しているのか分かりづらいような気がしました。

ケース下部にある緑のLEDは充電ケースのバッテリー残量を示しています。

3COINS完全ワイヤレスイヤホンの本体デザイン

全体的なデザインは、Appleの「AirPods(Proでは無い方)」によく似ています。

かなりAirPodsを意識しているのが分かります。

3COINS完全ワイヤレスイヤホンの本体重量

こちらは実測で7.4gという結果。かなり軽い。

参考までに「AirPodsPro」の本体重量は11.0g。AirPodsProはノイズキャンセリング機能があったりと機能満載なので重量が重いのは仕方ないのかも。

3COINS完全ワイヤレスイヤホンとAirPodsProとの見た目比較

かなり似ているので、見た目を比較してみました。大きさ的には3COINSワイヤレスイヤホンの方が少し大きいですが、ほぼ同じ様なサイズ感です。見た目の質感もかなり似ていますが、AirPodsProの方がより光沢感が強いような気がします。

背面の比較です。AirPodsProはワイヤレス充電にも対応しているので、接点がありますが3COINSワイヤレスイヤホンは、ワイヤレス充電非対応です。

3COINS完全ワイヤレスイヤホンを使ってみます

それでは、実際に3COINSワイヤレスイヤホンを使ってみます。デバイス名は「AIR MUSIC」という名前なので、スマートフォンでペアリングします。

iPhoneではBluetoothメニューから選択するだけなので、ペアリング自体は簡単です。

耳につけた様子はこちら。Appleの「AirPods」は【耳からうどん】と揶揄されたものですが、こちらのワイヤレスイヤホンも形が近いので、結構目立ちます。

3COINSワイヤレスイヤホンの音質は

音質は主観となります。いくつか音楽を聴いてみました。全体的なバランスは悪くないと感じますが、全体的に曇った感じの音質で、特に中高音域のクリアさが無いように感じます。

しっかりとした音楽鑑賞用として使用するのは厳しいと思いますが、あまり音質が関係ないラジオやテレビ、Youtube動画あたりのコンテンツであれば十分に使えるのではないかと思います。

ゲーム用としてはどうか?

いくつかのスマートフォンゲームをプレイしてみましたが遅延が結構あり、プレイは厳しいと感じました。特に音ゲーの様なゲームの場合、遅延は致命的なので、3COINSワイヤレスイヤホンは適していないと思います。

3COINSワイヤレスイヤホンの総評

ワイヤレスイヤホンで税込1,650円は相当の破格なこの製品。全体的な評価としては音質の関係ないコンテンツ用であれば十分使えると思います。見た目的にもそれほど悪くなく、連続使用時間も他メーカーと比較しても悪くないので、用途を絞ればそれほど悪い製品では無いように感じます。

しかし音楽鑑賞やゲームなどの用途で使用する場合、曇った音や遅延がネックになってくるので、この製品はあまり向いていないと言えます。

音質に拘りのある方は、音が良いと評判のSONY「WF-1000XM3」辺りがおすすめです。また、iPhoneユーザーで優れたノイズキャンセリング性能と使い勝手を求める方は、僕も使っている「AirPodsPro」辺りを購入すると幸せになれるのでは無いかと思います。

Apple(アップル)
¥30,580 (2020/06/03 07:05:57時点 Amazon調べ-詳細)
この記事を書いた人
ぶっち

デジタルガジェットとパソコンとオシャレな家電が大好きなフリーランスWEBクリエイターです。普段は『MONOCHROME DESIGN』という屋号で、WordPressを使ったウェブサイト制作を行っています。

ぶっち

デジタルガジェットとパソコンとオシャレな家電が大好きなフリーランスWEBクリエイターです。

普段は『MONOCHROME DESIGN』という屋号で、WordPressを使ったウェブサイト制作を行っています。

詳しいプロフィールはこちら
お問い合わせはこちら