AirPods ProをMacやWindowsで使う方法と使い勝手を解説

Apple製イヤホン『AirPods Pro』はiPhoneで使う場合難しい設定は必要ありませんが、MacやWindowsPCで使う場合は他のBluetoothイヤホンと同じ設定が必要になりますので、その方法や接続後の使い勝手などを紹介します。

MacでAirPodsProを使う方法

iPhoneで既に『AirPodsPro』のセットアップを済ませてある場合、Macで同じAppleIDを使っていれば、iCloud経由で既にデバイスの登録が完了しています。

その為、あとは『AirPodsPro』を選択するだけで接続が完了し、Macでも使える状態になります。Apple製品同士なので、流石にこういった連携はスムーズだなという印象。

接続後「オプション」から、AirPodsProの設定が変更可能です。

なお、MacからAirPodsProを削除しようとすると、iPhoneを始め、iCloudで連携している全てのデバイスからAirPodsProが削除されるので、注意が必要です。

MacとAirPodsProを接続した時の挙動

『AirPodsPro』はケースから本体を取り出すと、最後に接続したデバイスと自動的に繋がります。そのため、MacとAirPodsProを接続していた場合、ケースの蓋を開けただけで接続が完了しています。

Macだと本体とケースの電池残量が見えるのが便利。

MacOSの「ミュージック」アプリを使う場合

MacOSに標準で入っている「ミュージック」アプリを使う場合は、iPhoneと同じように『AirPodsPro』の機能をフルに使うことができます。

  • 本体部分を1回押す:音楽の再生・停止
  • 本体部分を2回押す:次の曲を再生
  • 本体部分を3回押す:前の曲を再生

上記のような『AirPodsPro』を使った操作方法はそのまま使える上、本体長押しによる「外部音取り込み」「ノイズキャンセリング」の切り替えも可能。

また、音楽再生中に『AirPodsPro』本体を耳から外すと、音楽が一時停止され、再度耳に装着すると続きが自動的に再生されます。こういった使い勝手の良さはiPhoneと同様です。

Youtubeをブラウザで見る場合

音楽をYoutubeで聴いている方も多いと思いますが、MacOSの場合ブラウザによって多少挙動が変わるようです。

・SafariでYoutubeを見る場合
本体を押すことによる曲の再生・停止は問題なく出来ます。また、音楽再生中に『AirPodsPro』本体を耳から外すと音楽が一時停止され、再度耳に装着すると、その続きから自動的に再生されます。

・Google ChromeやFirefoxでYoutubeを見る場合
本体を押しても曲の再生・停止などが出来ません。また、曲の再生中に『AirPodsPro』本体を耳から外すと、Macの内蔵スピーカーに切り替わり曲が再生され続けます。

SafariはApple製なだけあって、この辺りの連携がサポートされているようです。ただ、ブラウザは日々アップデートしているので、そのうち他のブラウザでもSafariと同じ様な動作になる可能性もあります。

Windows10でAirPodsProを使う方法

『AirPodsPro』はBluetoothデバイスなので、Windowsでも普通に使うことができます。ただMacほどスムーズで無く、普通のBluetoothデバイスと同様にセットアップをします。

スタートメニューから「歯車アイコン」を選択し、Windowsの設定画面を呼び出します。

Windowsの設定から「デバイス」を選択

「Bluetooth またはその他のデバイスを追加する」を選択

「Bluetooth」を選択

ここでAirPodsProケースの蓋を開けた状態で、背面にあるボタンを押します。

すると、前面にあるLEDが白く光りペアリング待機状態になります。

この状態になれば、WindowsからAirPodsProが認識されるようになるので、AirPodsProを選択し、ペアリングを完了させます。

注意点としては、スタータスが「ペアリング済み」となっているだけでは音は流れません。

上のように「音声、音楽に接続済み」となってれば、AirPodsProから音楽が再生されます。

Windows10とAirPodsProを接続した時の挙動

一度ペアリングを完了していた場合、AirPodsProのケースを開けただけで自動的に接続されますが、Macほど速くなくワンテンポくらい遅れるような印象です。

Windows10の音楽再生アプリ「Groove ミュージック」を使った場合

Windowsには様々な音楽再生アプリが存在しますが、ここではWindows10に標準で入っている「Groove ミュージック」を使った時の挙動を確認しています。

実際に試してみた所、これが意外にもMacの「ミュージック」アプリとほぼ同様の使い勝手を実現しています。本体部分を押す回数によって、再生・停止、曲送り、曲戻しなどは一通り対応しています。

ただ、Macなどの場合耳からAirPodsProを外すと音楽が一時停止されたりしますが、Windowsの場合は耳からAirPodsProを外しても音楽が再生され続けるようです。

Youtubeをブラウザで見る場合

Macと同様にこちらもYoutubeの挙動を確認してみました。

・Google Chrome、Microsoft EdgeでYoutubeを見る場合
MacのGoogle Chromeと違い、本体部分を長押しする事による、外部音取り込み・ノイズキャンセリングの切り替えと、本体部分を押すことによる曲再生・曲停止が可能です

同じGoogle ChromeでもMacとWindowsで挙動が異なるようです。どちらともバージョンは同じで現時点(4/21)での最新バージョン(81.0.4044.113)となっています。

・FirefoxでYoutubeを見る場合
本体部分を長押しする事による、外部音取り込み・ノイズキャンセリングの切り替えは可能ですが、本体部分を押すことによる曲再生・停止、曲送りなどは出来ません。

AirPodsProはiPhoneだけじゃなくMacやWindowsでも快適に使えます

ここまでMac、Windows共に挙動や使い勝手を確認してきました。Macの場合は流石というべきかiCloud経由で設定がかなり簡単に行えるようになっていました。

Windowsの場合は、普通のBluetoothデバイスと同じ様な感じで接続でき、接続後も問題なく使えるので、こちらも使いやすい印象。

『AirPodsPro』を購入するユーザーはiPhoneを使っている方が大半だと思いますが、MacやWindowsでも簡単に使えるので、ぜひ試してみてください。

Apple(アップル)
¥29,000 (2020/10/18 23:33:05時点 Amazon調べ-詳細)
この記事を書いた人
プロフィール画像
ぶっち

デジタルガジェットとパソコンとオシャレな家電が大好きなフリーランスWEBクリエイターです。普段は『MONOCHROME DESIGN』という屋号で、WordPressを使ったウェブサイト制作を行っています。