AirPods ProをMacやWindowsで使う方法と使い勝手を解説

AirPods ProはiPhoneでは連携が簡単な設定も必要ありませんが、MacやWindowsPCで使うにはどうすれば良いのかを解説します。

MacでAirPods Proを使う方法

iPhoneで既にAirPods Proをセットアップ済みの場合、Macで同じAppleIDを使っていれば自動的にiCould経由で連携されています。

そのため、あとは「接続」を選択するだけでペアリングが終了し、Macでも使える状態になります。この辺りは流石Apple製品同士なので連携もスムーズです。

MacOSではオプションから、AirPodsProの各種設定変更も可能です。

なお、MacからAirPods Proを削除しようとすると、iPhoneも含めiCloudで連携している全てのデバイスから削除されるので気をつけましょう。

MacとAirPods Proを接続した時の挙動

AirPods Proは、ケースから本体を取り出すと、最後に接続していたデバイスと自動的に繋がります。そのためMacとAirPods Proを接続していた場合、ケースの蓋を開けただけですぐに接続が完了しています。

Macだと本体とケースの充電残量が見えるのがなにげに便利。

MacOSの「ミュージック」アプリを使う場合

MacOSに標準で入っている「ミュージック」アプリを使う場合は、iPhoneと同じようにAirPods Proの機能をフルに使うことができます。

  • 本体部分を1回押す:音楽の再生・停止
  • 本体部分を2回押す:次の曲を再生
  • 本体部分を3回押す:前の曲を再生

上記の様なAirPods Proの音楽再生機能はそのまま使える上、本体部分を長押しすることで、外部音取り込みとノイズキャンセリングを切り替える事も可能。

また、音楽再生中にAirPods Pro本体を耳から外すと音楽が一時停止され、再度耳に装着すると続きが自動的に再生されます。この辺りの使い勝手はiPhoneと変わりません。

Youtubeをブラウザで見る場合

音楽をYoutubeで聴いている方も多いと思いますが、MacOSの場合ブラウザによって多少挙動が変わります。

SafariでYoutubeを見る場合

本体部分を長押しする事による、外部音取り込み・ノイズキャンセリングの切り替えと、本体部分を押すことによる曲再生・曲停止が可能です。また、音楽再生中にAirPods Pro本体を耳から外すと音楽が一時停止され、再度耳に装着すると続きが自動的に再生されます。

Google ChromeやFirefoxでYoutubeを見る場合

本体部分を長押しする事による、外部音取り込み・ノイズキャンセリングの切り替えは可能ですが、本体部分を押すことによる曲再生・停止、曲送りなどは出来ません。また、音楽再生中にAirPods Pro本体を耳から外すと、内蔵スピーカーに切り替わり再生し続けます

SafariはApple純正なだけあって、AirPods Proとの連携がサポートされているようです。

Windows10でAirPods Proを使う方法

AirPods ProはBluetoothデバイスなので、Windows10でも使うことができます。ただ、やはり連携はMacほどスムーズでは無く、他のBluetoothデバイスと同様の手順を踏む必要があります。

スタートメニューから「歯車アイコン」を選択し、Windowsの設定画面を呼び出す。

Windowsの設定画面では、「デバイス」を選択

「Bluetooth またはその他のデバイスを追加する」を選択

「Bluetooth」を選択

ここで、AirPods Proケースの蓋を開けた状態で、背面にあるボタンを押します。

すると、全面LEDが白く光りペアリング待機状態になります。

この状態になれば、WindowsからAirPods Proが認識されるようになるので選択し、接続します。

1点注意点としては、ステータスが「ペアリング済み」となっているだけでは音が流れません。

上の写真のように「音声、音楽に接続済み」となれば正常に音楽が再生されます。

Windows10とAirPods Proを接続した時の挙動

意外にもMacと同じような挙動になります。一度ペアリングしていた場合、AirPods Proケースの蓋を開けただけで自動的に接続されます。ただ、接続はMacほど速くなく、ワンテンポくらい遅れるような印象です。

Windows10の音楽再生アプリ「Groove ミュージック」を使った場合

Windowsには様々な音楽再生アプリが存在しますが、ここではWindows10に標準で入っている「Groove ミュージック」を使った時の挙動を確認しています。

実際に試してみた所、これが意外にもMacの「ミュージック」アプリとほぼ同様の使い勝手を実現しています。本体部分を押す回数によって、再生・停止、曲送り、曲戻しなどは一通り対応しています。

ただ、唯一対応していないのは「耳にAirPods Proがついているかどうか」の判定で、Windowsの場合はAirPods Proを耳から外してもそのまま音楽が再生され続けています。

Youtubeをブラウザで見る場合

Macと同様にこちらもYoutubeの挙動を確認してみました。

Google Chrome、Microsoft EdgeでYoutubeを見る場合

MacのGoogle Chromeと違い、本体部分を長押しする事による、外部音取り込み・ノイズキャンセリングの切り替えと、本体部分を押すことによる曲再生・曲停止が可能です

同じGoogle ChromeでもMacとWindowsで挙動が異なるようです。どちらともバージョンは同じで現時点(4/21)での最新バージョン(81.0.4044.113)となっています。

FirefoxでYoutubeを見る場合

本体部分を長押しする事による、外部音取り込み・ノイズキャンセリングの切り替えは可能ですが、本体部分を押すことによる曲再生・停止、曲送りなどは出来ません。

AirPods ProはiPhoneだけじゃなくてMacやWindowsでも快適に使えます

ここまでMac、Windows共に挙動や使い勝手を確認してきました。Macの場合は流石というべきか同じApple製品なので相性も良く、特別な設定をしなくても使えました。

一方Windowsの場合は、最初のペアリングは多少手間はかかりますが、それ以降はMacと同じ様な感覚で使えます。

AirPods Proを購入するユーザーはiPhoneを使っている方が大半だと思いますが、MacやWindowsなどでも簡単に使えるので、ぜひ試してみてください。

この記事を書いた人
ぶっち

デジタルガジェットとパソコンとオシャレな家電が大好きなフリーランスWEBクリエイターです。普段は『MONOCHROME DESIGN』という屋号で、WordPressを使ったウェブサイト制作を行っています。

ぶっち

デジタルガジェットとパソコンとオシャレな家電が大好きなフリーランスWEBクリエイターです。

普段は『MONOCHROME DESIGN』という屋号で、WordPressを使ったウェブサイト制作を行っています。

詳しいプロフィールはこちら
お問い合わせはこちら