【3COINS】スリコ(スリーコインズ)で買えるライトニングケーブルが安くてオシャレなので実際に購入してレビュー

iPhoneやiPadなどの充電や通信に使用するのがライトニングケーブル。iPhone本体には同梱されていますが、買い替えや追加で購入しようとすると、Apple純正ならば1mで1,800円程度となかなかに高価。他メーカーでも軒並み1,000円を超えるような価格が付いており、正直高いなという印象を受けます。

そんな中、3COINS(スリーコインズ)で買い物をしていると、ライトニングケーブルが販売されているのが目に止まりました。一時期ダイソーなどで買える激安ライトニングケーブルが話題になったことがあり、それ以来結構色んなお店で激安ライトニングケーブルを目にするようになってきましたが、3COINSでも売っているのかと思い手に取り眺めていると、デザインも良く、なかなかしっかりと作られているような印象を受けたので、購入して実際に使えるのかどうかレビューします。

3COINS(スリーコインズ)のライトニングケーブルは3色展開

3COINS(スリーコインズ)のライトニングケーブルのパッケージ

ケーブルの色は「白」「黒」「赤」の3色展開。iPhone純正のライトニングケーブルは白しかありませんので、他の色のケーブルもあればいいなと思っていた方にはこの3色展開は嬉しいのではないでしょうか。パッケージも300円とは思えないくらい上質なパッケージになっており、さすが3COINSと思わせてくれます。

3COINS(スリーコインズ)のライトニングケーブルのケーブル

ケーブル全体の見た目と長さはこの様な形になります。長さは1mのみのラインナップとなっています。

3COINS(スリーコインズ)のライトニングケーブルの端子部分

USB端子とライトニングケーブル端子の部分です。メタリック加工されておりちょっとオシャレな感じですが、金属の質感が少し安っぽいような印象を受けました。とは言え300円という金額を考えたら十二分と言えると思います。

ライトニングケーブル端子の方は表裏両方に電極があるので、端末につなげる際には裏表関係なく充電することができます。これはApple純正のライトニングケーブルの場合当たり前なのですが、以前ダイソーで購入した激安ライトニングケーブルは、ケーブルの片面にしか電極が無く充電するときには電極の向きを合わせて端末に刺す必要がありました。いくら安くても正直微妙だよな・・・と思っていましたが、この3COINSのライトニングケーブルはその様な心配が無いので、使い勝手はApple純正ライトニングケーブルと変わらないと言えそうです。

ケーブルの素材が布巻きケーブルなので、被膜が破れにくく耐久性も高い

ケーブルは布巻きケーブル(ファブリックケーブル)となっています。布巻きケーブルの特徴として「ケーブルが絡みにくい」「耐久性が高い」などがあげられますが、デザイン的にも質感が高くオシャレだと感じます。

純正ライトニングケーブルの末路

Apple純正ライトニングケーブルの場合、使い込むと上の写真の様な形でケーブル表面の被膜が破れてきます。特に端子根本の部分は折り曲げる事が多いため、負荷がかかり破れてしまうことがあります。実際にApple純正ライトニングケーブルのレビューを見ると、純正ならではの安心感はあるとしつつも「耐久性に問題がある」「価格が高い」など、ネガティブな意見も多くみられます。Appleがもっと耐久性が高いものに改良してくれれば良いのですが、期待は出来ないでしょう。

一方3COINSのライトニングケーブルは布巻きケーブルなので、被膜がすぐに破れてしまう心配はありません。実際にもう数ヶ月程度使っていますが、被膜部分が破れるような兆候も無く耐久性に問題は無さそうです。

実際にちゃんと充電・同期はできるのか?

外見やパッケージからとても300円とは思えない質感を感じる3COINSのライトニングケーブルですが、実際に充電や同期は問題なくできるのでしょうか?

結論から言うと問題なく充電・同期共に行えました。iMacとiPhoneを繋ぎ、iTunesを使って同期を試してみましたが、特にトラブルも無く同期が完了しました。

対応機種

パッケージの裏には対応機種一覧が載っており、iPhoneシリーズを始めとして、iPad Air、iPad Proの表記もあります。また、用途として「充電・同期可能なケーブル」という表記があり、表記通り充電・同期共に出来ました。Apple純正ライトニングケーブルと使い勝手は変わりません。

USBチェッカーで電力を計測してみました

300円という激安価格にも関わらずちゃんと充電や同期まで出来た3COINSライトニングケーブル。実は給電能力が劣っているのではないかと思い、USBチェッカーで実際にどのくらい能力があるのかを測ってみることにしました。なおUSB充電アダプタはiPhone標準のもので5V/1A対応の最大出力は5Wとなっています。

iPhone純正ライトニングケーブル

iPhone純正ライトニングケーブル

まずは基準となるApple純正のライトニングケーブルです。「4.781W」と5WのUSB充電アダプタ最大値近くまで出ていることがわかります。

Ankerの「Anker PowerLine II ライトニングUSBケーブル」

続いては、以前Amazonで買ったAnkerのライトニングケーブル「Anker PowerLine II ライトニングUSBケーブル」です。こちらは12000回以上の折り曲げテストにも合格したケーブルで耐久性が抜群のケーブルです。もちろんMFi認証も取得しているので、iOSのアップデートにより使えなくなる心配もありません。

Anker PowerLine II ライトニングUSBケーブル

こちらのケーブルもApple純正ライトニングケーブルと同様「4.781W」が出ています。Apple純正ライトニングケーブルと比較しても給電能力は同等と言えます。

3COINSライトニングケーブル

続いては今回検証する3COINSライトニングケーブル。価格は300円と激安です。

こちらもApple純正ライトニングケーブルやAnkerの「PowerLine II ライトニングUSBケーブル」と全く同じ4.781Wという表示が。奇しくも3本とも同じ値となっています。

この事から、iPhone純正のUSB電源アダプタを使う限りでは3COINSのライトニングケーブルでもApple純正ライトニングケーブル同様の給電能力があると言えます。

コスパに優れた3COINSライトニングケーブル、MFi認証が無いのが唯一の不安点

前述の通り、給電能力もApple純正のライトニングケーブルと比較しても同等以上という結果となりました。300円という価格を考えるとコスパ最強のライトニングケーブルと言えそうです。

ただ、1点不安点と言えるのが「MFi認証製品では無い」という事です。MFi認証製品とはAppleが認定した製品のみに付けることが許される証で、Apple公式認定品であることを示します。

MFi認証が無い場合iOSのアップデートで突然ケーブルが使えなくなるなどのトラブルが発生する場合があります。そのリスクを理解した上で割り切って使うにはこの3COINSのライトニングケーブルは価格も安くとても良い製品です。

MFi認証ライトニングケーブルが欲しい方はAnkerのケーブルがおすすめ

価格が多少高くてもMFi認証を取得したケーブルが欲しいという方は、Ankerのライトニングケーブルがオススメです。こちらはApple純正品よりは価格が安く耐久性もバツグン。ケーブルの長さも0.3mから3.0mまで展開されているので、用途に合わせた長さを選択できます。またAnkerはサポートがしっかりしており、購入してから18ヶ月間の保証が付いているので、万が一壊れても連絡すれば新品と交換してくれます。

この記事を書いた人
ぶっち

デジタルガジェットとパソコンとオシャレな家電が大好きなフリーランスWEBクリエイターです。普段は『MONOCHROME DESIGN』という屋号で、WordPressを使ったウェブサイト制作を行っています。

ぶっち

デジタルガジェットとパソコンとオシャレな家電が大好きなフリーランスWEBクリエイターです。

普段は『MONOCHROME DESIGN』という屋号で、WordPressを使ったウェブサイト制作を行っています。

詳しいプロフィールはこちら
お問い合わせはこちら